懐かしい思い出がここにあります。 RetroFun

HOME TVドラマ 音  楽 映  画 世  相
1950年代へ
1960年代へ
年代別
1970年(昭和45年)
1971年(昭和46年)
1972年(昭和47年)
1973年(昭和48年)
1974年(昭和49年)
1975年(昭和50年)
1976年(昭和51年)
1977年(昭和52年)
1978年(昭和53年)
1979年(昭和54年)
1980年代へ
1990年代へ
1970年興行成績へ←01←02|03|04→05→06→
さらば夏の日
1970年・フランス製作/83分/日本公開:1970年6月
◆監督
ミシェル・ボワロン
◆キャスト
ルノー・ヴェルレー、フロランス・ラフュマ、ジャネット・アグレン

地中海の美しい海を背景に繰り広げられる青春物語。両親が離婚し、父が他の女性と結婚してしまった青年医師バンサン。だが、彼はこだわることなく父と新しい母を迎える。恋人との関係も良好だったが、他の女の子と弟を探しにいったとき、つい浮気をしてしまう。一時は恋人とのあいだが気まずくなるが、最後には再び結ばれるのであった。
戦争と人間 第一部 運命の序曲
戦争と人間 第一部 運命の序曲
1970年・日本製作/194分/日本公開:1970年8月
◆監督
山本薩夫
◆キャスト
滝沢修、芦田伸介、高橋悦史、浅丘ルリ子、中村勘九郎[5代目]、佐藤萬理、三国連太郎、高橋幸治、石原裕次郎、 高橋英樹、二谷英明

五味川純平の大河小説を豪華俳優陣で映画化。張作霖爆殺事件、満州事変を背景に繰り広げられる人間群像ドラマ。新興財閥伍代家当主・由介の実弟喬介は張作霖軍を退かせるべく関東軍の強硬派と通じ、利権の為に画策していた。由介の次男・俊介は反対を唱える。由介の長女・由紀子は柘植中尉と恋に落ちる。昭和6年9月、満州事変の始まりと共に伍代家の利益は飛躍的に増大していった。戦闘は拡大していき、由紀子は出征することになった柘植を訪ねた。もはや誰ともなく人々の運命が戦争に呑み込まれていく。

激動の昭和史 軍閥
1970年・日本製作/134分/日本公開:1970年8月
◆監督
堀川弘通
◆キャスト
中村又五郎、小林桂樹、中谷一郎、垂水悟郎、睦五郎、富田浩太郎

二・二六事件の衝撃を利用して、軍部の政治進出がはじまった。日華事変、日独伊三国同盟、軍部は大陸進攻をつづけながら、着々と国内統制を強化して総力戦体制を作りあげて行った。軍部の期待を担って近衛内閣が成立し、東条英機が陸相に就任した。しかし、泥沼に陥った、日華事変に焦った軍部は、南方進出を企て、その結果アメリカとの関係は険悪になった。海軍の米内光政や山本五十六はあくまで対米戦争の不可を強調したが、彼等は次第に孤立化した。そして近衛内閣は倒壊、次期内閣首班は東条に大命降下した。

富士山頂
1970年・日本製作/1970年2月
◆監督
村野鉄太郎
◆キャスト
石原裕次郎、山崎努、渡哲也、芦田伸介、佐藤允、中谷一郎

3774メートルの富士山頂。ここにレーダーを設置できれば、南方800キロメートルに近づいた台風をキャッチできる。気象庁側器課長の葛木は台風の被害を少しでも減らすべく、富士山レーダーとりつけに情熱を燃していた。大蔵省へ歩を運ぶこと3年、葛木の夢は実を結ぶこととなった。三菱電機技術部員、梅原もまた技術者の立場から富士山レーダーに情熱をかけ、大成建設の伊石とともに山頂の気圧や地盤について調査していた。
1970年興行成績へ←01←02|03|04→05→06→
【広告】副業でお金儲け/ パワーストーン星のかけら