懐かしい思い出がここにあります。 RetroFun

HOMEへ

夏季オリンピックの歴史
回・年 開会地
(国)
参加国数 参加人数 競技数 種目数 日本の
メダル獲得数
エピソード
第1回
1896年
アテネ
(ギリシャ)
13 280 8 43 第1回大会の出場選手は男子のみで、女人禁制の大会だった。
第2回
1900年
パリ
(フランス)
19 1066 16 60 パリ万国博覧会との合同イベントで、トラブル続きの大会だった。
第3回
1904年
セントルイス
(アメリカ)
12 681 18 87 前大会に続き、博覧会のイベント扱いだった。
第4回
1908年
ロンドン
(イギリス)
22 1999 22 110 「勝つことより参加することに意義がある」の言葉が生まれた。
第5回
1912年
ストックホルム
(スウェーデン)
28 2490 15 108 日本が初参加。
第6回
1916年
ベルリン
(ドイツ)
第一次世界大戦のため中止
第7回
1920年
アントワープ
(ベルギー)
29 2668 23 161 銀=2 テニスの熊谷一弥と柏尾誠一郎が日本初のメダリストとなる。
第8回
1924年
パリ
(フランス)
44 3070 19 140 銅=1 レスリングの内藤克俊選手が怪我をしながらも銅メダルを獲得。
第9回
1928年
アムステルダム
(オランダ)
46 2694 16 119 金=2
銀=2
銅=1
三段跳びの織田幹雄、200m平泳ぎの鶴田義行が
日本初の金メダルを獲得。
第10回
1932年
ロサンゼルス
(アメリカ)
37 1328 16 128 金=7
銀=7
銅=4
日本の男子競泳陣が6種目中5種目で金メダルを獲得。
陸上競技で初めて写真判定装置が採用された。
第11回
1936年
ベルリン
(ドイツ)
49 3956 21 148 金=6
銀=4
銅=8
ヒトラーがナチス・ドイツの宣伝のために利用。
本大会より聖火リレーがはじまる。
第12回
1940年
東京
(日本)
日中戦争のため返上
  ヘルシンキ
(フィンランド)
第二次世界大戦のため中止
第13回
1944年
ロンドン
(イギリス)
第二次世界大戦のため中止
第14回
1948年
ロンドン
(イギリス)
59 4064 19 151 不参加 日本とドイツは参加を認められなかった。
第15回
1952年
ヘルシンキ
(フィンランド)
69 4879 18 151 金=1
銀=6
銅=2
旧ソ連が初参加。
第16回
1956年
メルボルン
(オーストラリア)
67 3113 17 147 金=4
銀=10
銅=5
南半球で初の開催。
検疫規制により馬術競技のみストックホルムで開催された。
第17回
1960年
ローマ
(イタリア)
83 5348 18 150 金=4
銀=7
銅=7
マラソンでアベベ(エチオピア)が裸足で優勝。
世界新記録を達成した。
第18回
1964年
東京
(日本)
93 5081 20 167 金=16
銀=5
銅=8
すべての競技を初のTV中継、海外70カ国に中継された。
第19回
1968年
メキシコシティ
(メキシコ)
112 5423 19 182 金=11
銀=7
銅=7
最終聖火ランナーに史上初めて女性を起用。
サッカーで日本が釜本邦茂選手の活躍などで銅メダルを獲得。
第20回
1972年
ミュンヘン
(西ドイツ)
122 7173 21 205 金=13
銀=8
銅=8
パレスチナ・ゲリラがオリンピック村のイスラエル宿舎を襲撃、11人が死亡。
1日休止しただけで競技は続行された。
第21回
1976年
モントリオール
(カナダ)
88 6026 21 198 金=9
銀=6
銅=10
人種差別問題にからみアフリカ諸国がボイコット。
オリンピック憲章から「アアチュア」の言葉がきえる。
女子体操でルーマニアのナディア・コマネチが10点満点を連発。
第22回
1980年
モスクワ
(ソ連)
81 5217 21 204 不参加 旧ソ連のアフガニスタン侵攻に対する制裁として
アメリカ、西ドイツ、日本などがボイコット。
第23回
1984年
ロサンゼルス
(アメリカ)
140 6797 21 224 金=10
銀=8
銅=14
公的予算をつかわない初の「民営」大会。
前回の報復で東側諸国がボイコット。
アメリカのカール・ルイスが陸上で4冠王。
第24回
1988年
ソウル
(韓国)
159 8465 23 260 金=4
銀=3
銅=7
陸上100m優勝のベン・ジョンソン(カナダ)がドーピングで失格した。
アメリカのジョイナーが100m、200m、400mリレーで金メダルを獲得。
鈴木大地、男子100mで金メダルを獲得。
第25回
1992年
バルセロナ
(スペイン)
169 9368 25 284 金=3
銀=8
銅=11
キューバと北朝鮮が12年ぶり、南アフリカが32年ぶりに出場。
東西統一なった新生ドイツも初出場となった。
有森裕子、30度を越える猛暑の中、女子マラソンで銀メダルを獲得。
第26回
1996年
アトランタ
(アメリカ)
197 10332 26 271 金=3
銀=6
銅=5
近代オリンピック誕生100周年記念大会。
大会中にオリンピック記念公園で爆弾テロが発生。
野球の日本チームが期待に応え銀メダルを獲得。
第27回
2000年
シドニー
(オーストラリア)
200 11084 28 300 金=5
銀=8
銅=5
マラソンの高橋尚子が日本女子陸上史上初の金メダル。
柔道の田村亮子も「最高で金。最低でも金」と、3度目の挑戦で悲願の金。
第28回
2004年
アテネ
(ギリシャ)
202 11099 28 301 金=16
銀=9
銅=12
競泳・柔道でメダルラッシュ。
女子マラソンで野口みずきが金メダル獲得。 2大会連続で日本人の制覇。
柔道の谷亮子が、女子柔道初の二連覇達成。

冬季オリンピックの歴史   
回・年 開会地
(国)
参加国数 参加人数 競技数 種目数 日本の
メダル獲得数
エピソード
第1回
1924年
シャモニー・モンブラン
(フランス)
16 258 4 14 パリ・オリンピックの一部として開催。
翌年、第1回冬季オリンピックをして認定された。
第2回
1928年
サンモリッツ
(スイス)
25 464 5 14 日本初参加。スキー競技に6人が出場した。
第3回
1932年
レークプラシッド
(アメリカ)
17 252 4 14  
第4回
1936年
ガルミッシュ・パルテンキルヘン
(ドイツ)
28 668 4 17 アルペン種目が初登場。
第5回
1940年
サンモリッツ
(スイス)
28 668 5 22 日本とドイツは参加を認められなかった。
第6回
1952年
オスロ
(ノルウェー)
30 694 4 22 冬季大会で初の聖火リレーを行った。
女子のスキー距離競技が初登場。
第7回
1956年
コルチナ・ダンペッツォ
(イタリア)
32 820 4 24 銀=1 日本の猪谷千春が回転競技で日本初の銀メダルを獲得。
第8回
1960年
スコーバレー
(アメリカ)
30 665 4 27 女子スピードスケート競技が初めて採用された。
第9回
1964年
インスブルック
(オーストリア)
36 1091 6 34 スキーのジャンプ競技が90m級(ラージヒル)と
70m級(ノーマルヒル)の2種目になった。
第10回
1968年
グルノーブル
(フランス)
37 1158 6 35  
第11回
1972年
札幌
(日本)
35 1006 6 35 金=1
銀=1
銅=1
笠谷幸生(金)、金野昭次(銀)、青地清二(銅)ら
日本の3選手が70m級ジャンプでメダルを独占。
第12回
1976年
インスブルック
(オーストリア)
37 1123 6 37 当初のアメリカのデンバーが開催予定地だったが
環境破壊を危惧する住民の反対で開催を返上。
第13回
1980年
レークプラシッド
(アメリカ)
37 1072 6 38 銀=1 米のエリック・ハイデンが男子スピードスケート5種目制覇。
日本は八木弘和が70m級ジャンプで銀メダルを獲得した。
第14回
1984年
サラエボ
(ユーゴスラビア)
49 1274 6 39 銀=1 北沢欣浩がスピードスケート500mで2位、
日本スケート界で初のメダル獲得。
第15回
1988年
カルガリー
(カナダ)
57 1423 6 46 銅=1 黒岩彰がスピードスケート500mで銅メダルを獲得。
女子スピードスケートで橋本聖子が5種目全て日本新記録。
第16回
1992年
アルベールビル
(フランス)
64 1801 6 57 金=1
銀=2
銅=4
荻原健司らがノルディック複合団体で金メダルを獲得。
フィギュアの伊藤みどりが銀メダル獲得。
第17回
1994年
リレハンメル
(ノルウェー)
67 1739 6 61 金=1
銀=2
銅=2
本大会から夏季大会の中間年に開催となった。
ジャンプラージヒル団体で金メダルの期待を背負った
原田雅彦が痛恨の失敗ジャンプで銀メダルに終わる。
第18回
1998年
長野
(日本)
72 2177 7 68 金=5
銀=1
銅=4
船木和喜、原田雅彦らジャンプ陣や、
清水宏保らスピードスケート陣の活躍でメダルラッシュ。
第19回
2002年
ソルトレークシティ
(アメリカ)
77 2530 7 78 銀=1
銅=1
審判の開催国寄りジャッジ、フィギュアの不正採点疑惑、
ドーピングでの金メダル剥奪など混乱が多発した。
スピードスケート500mの清水宏保、
モーグルの里谷多英が2大会連続のメダルを獲得。
第20回
2006年
トリノ
(イタリア)
7 84  
HOMEへ

 【広告】副業でお金儲け/ パワーストーン星のかけら