懐かしい思い出がここにあります。 RetroFun

HOME TVドラマ 音  楽 映  画 世  相
1950年代へ
年代別
1960年(昭和35年)
1961年(昭和36年)
1962年(昭和37年)
1963年(昭和38年)
1964年(昭和39年)
1965年(昭和40年)
1966年(昭和41年)
1967年(昭和42年)
1968年(昭和43年)
1969年(昭和44年)
1970年代へ
1980年代へ
1990年代へ
リバイバル1964年へ
東京オリンピック
東京オリンピック
昭和39年10月10日、アジア初のオリンピックとなった東京大会が開催された。参加国は大会史上最多の94ヵ国、参加選手・役員は7,495人を数えた。日本は金16個、銀5個、銅8個を獲得。重量挙げでは、三宅義信が世界新記録で金メダルに輝き、参加選手7人全員が入賞、レスリングでは5階級で金を獲得した。体操男子は、前大会に次いで団体で優勝したほか、個人でも金銀各3個を獲得した。この大会から新種目に加えられた柔道では無差別級決勝で神永がオランダのヘーシンクに敗れたほかは、3階級との順当に優勝した。そして女子バレーボールでは、「東洋の魔女」が宿敵ソ連を倒した。男子マラソンでは、円谷幸吉が銅メダル。

新潟大地震
昭和39年6月16日午後1時1分、新潟市の北方にある粟島付近の海底を震源とするマグニチュード7.5の大規模地震が発生した。被害の最も大きかった新潟市内では250もの鉄筋ビルが傾き、鉄筋4階建ての県営アパートが横倒しとなった。被災者は、新潟県をはじめ、山形県、秋田県を含めて、8万6000人を越え、死者26人、負傷者447人を出した。家屋の全壊全焼は2250戸。
東海道新幹線開業
昭和39年10月1日、東海道新幹線が開業した。昭和34年4月に新丹那トンネル東口で起工式をあげて以来、東京オリンピックに間に合わせるべく、国鉄が総力を結集して建設してきたもので(総工費3800億円)、10月10日オリンピック開会式の直前に開業にこぎ着けた。日本では初めての広軌を採用し、東京と大坂を4時間(翌年10月には3時間10分)で結んだ。
21世紀への伝説史王貞治
王貞治の55号ホームラン
昭和39年、王は、驚異のハイペースで本塁打を積み重ね、5月3日の対阪神戦では4打席連続本塁打。101試合目の対阪神戦でバッキーからシーズン40号を放っている。9月6日の大洋戦では1回表の第1打席で左腕の鈴木隆投手から52号本塁打を放ち、ついに野村克也が打ちたてたシーズン本塁打記録に並んだ。そして最終戦の9月23日の対大洋戦ダブルヘッダー2試合目で、王は、5回裏にシーズン55号となる本塁打を佐々木吉郎から放った。

ミロのビーナス展
フランス政府は、日仏親善の文化交流として、門外不出のミロのビーナスを、日本に貸し出すことを決断した。「ミロのビーナス特別公開展」は、昭和39年4月8日から東京の国立美術館で開かれた後、京都市美術館に巡回、両館遭わせて172万人が入場した。
リバイバル1964年へ
【広告】副業でお金儲け/ パワーストーン星のかけら