懐かしい思い出がここにあります。 RetroFun

HOME TVドラマ 音  楽 映  画 世  相
1950年代へ
1960年代へ
年代別
1970年(昭和45年)
1971年(昭和46年)
1972年(昭和47年)
1973年(昭和48年)
1974年(昭和49年)
1975年(昭和50年)
1976年(昭和51年)
1977年(昭和52年)
1978年(昭和53年)
1979年(昭和54年)
1980年代へ
1990年代へ
リバイバル1976年へ
ロッキード事件
ロッキード事件
昭和51年2月5日(現地時間4日)、米国上院の小委員会でロッキード社が日本などの有力者に航空機の売り込みをめぐって多額の資金をばらまいたことが暴露された。その後同社のコーチャン副会長らの証言で、右翼の大立者・児玉誉士夫を代理人にして政府高官に賄賂を贈ったことや、小佐野賢次国際興業社主も関与していたことなどが明らかにされた。24日、東京地検、警視庁、東京国税庁が強制捜査に踏み切り、判明した工作資金は約37億円という戦後最大の汚職事件となり、計16人が起訴された。

田中角栄
田中角栄前首相逮捕
昭和51年7月27日、東京地検特捜部は田中角栄前首相を、丸紅から受けた5億円の外為法違反の容疑で逮捕した。16日、受託収賄罪、外為法違反で起訴。17日、保釈金2億円で保釈。政府高官としては他に佐藤孝行運輸政務次官、橋本登美三郎元運輸大臣が8月に逮捕された。

昭和ニッポン
五つ子誕生
昭和51年1月31日、鹿児島市立病院で5つ子が誕生した。排卵誘発剤を使っての妊娠で、5つ子は日本初。父親はNHK政治部の三木首相番記者。5月12日、東京の日大板橋病院に移った。9月27日に全員元気に退院。

ミグ25
ミグ25亡命事件
昭和51年9月6日、ソ連(現ロシア)の最新鋭機ミグ25「フォックスバット」が、領空侵犯し北海道函館空港へ飛来。空港上空を旋回した後、午後1時48分、強行着陸を開始しオーバランして止まった。(ミグ25は当時マッハ3.4を記録した世界最強の戦闘機として西側が注目していた。)

操縦していたのはビクトル・イワノビチ・ベレンコ空軍中尉。ベレンコ中尉は希望通り米国へ亡命した。機体は、ソ連から即日返還要求があったが、 日米は茨城県の百里基地へ搬送し機体調査を実施した。その後11月15日にソ連に返還されたが、自衛隊と米軍は徹底的にミグを調査しておりソ連としては大打撃を被った。当時は、米ソ冷戦の緊張した時代であり「ソ連がミグを取り返しに北海道へ上陸してくる」など物騒なデマが流れ日本中が緊張した。

関連書籍⇒ミグ25事件の真相―闇に葬られた防衛出動 著:大小田 八尋
酒田市大火災
昭和51年11月29日の夕方、山形県・酒田市の映画館「グリーンハウス」のボイラー室から出火。折からの最大30メートルの強風にあおられ、火元から東南方面に広がり、1014棟、33万5000平方メートルを全焼。死者1人、被災者は3700人をだす戦後14番目の大火災となった。出火から11時間後の午前4時30分頃、ようやく鎮火したが、現場はまるで空襲にでもあったような無残な状態であった。
 
リバイバル1976年へ
【広告】副業でお金儲け/ パワーストーン星のかけら