懐かしい思い出がここにあります。 RetroFun

HOME TVドラマ 音  楽 映  画 世  相
1950年代へ
1960年代へ
1970年代へ
年代別
1980年(昭和55年)
1981年(昭和56年)
1982年(昭和57年)
1983年(昭和58年)
1984年(昭和59年)
1985年(昭和60年)
1986年(昭和61年)
1987年(昭和62年)
1988年(昭和63年)
1989年(昭和64年
平成元年)
1990年代へ
リバイバル1981年へ
神戸ポートアイランド博覧会
神戸ポートアイランド博覧会は、神戸港に造られた人工島ポートアイランドにて1981年3月20日から9月15日まで開催された。「ポートピア'81」と略される。1,610万人の入場者があり純益60億円を記録した。会場面積は約72ヘクタール。

この博覧会の成功は、1980年代後半の「地方博ブーム」の火付け役となり、神戸市は都市経営のモデルとして「株式会社神戸市」と称されるきっかけとなる。跡地はほぼ神戸コンベンションコンプレックスおよび住宅地して利用されている。

海のすぐ前に建てられて、世界最大であった観覧車がある神戸ポートピアランドは、この博覧会当時からの遊戯施設域であった。また、神戸市出展のパビリオン「神戸館」は、神戸市立青少年科学館として利用されている。印象的なコーヒカップの形であった「UCCコーヒー館」もUCCコーヒー博物館として改装されて、現在も、ポートライナー南公園駅前に建っている。それらは、神戸コンベンションコンプレックスとともに、当時を偲ばせる数少ない施設であり、後世の都市開発に影響を与えた施設は少なくない。

「ポートピア'81」のキャンペーンソングとして、ゴダイゴが歌う「ポートピア」が1980年5月1日リリースされ、ゴダイゴは2年連続でNHK紅白歌合戦に出場を果たした。
昭和小史 北炭夕張炭鉱の悲劇
北炭夕張新鉱でガス突出
昭和56年10月16日の夕方、北海道夕張市清水沢の北炭夕張炭鉱の夕張新鉱坑口から約3000メートルの斜坑で、ガス突出事故が起き、続いて坑内火災が発生した。このため坑内で作業していた160人と救援に向かった10人が被災。77人は自力で脱出したが、救援隊を含む93人が犠牲となった。23日になって鎮火のために59人の遺体を残したまま坑内に注水が開始された。

戦後日本の炭鉱災害史上3番目の犠牲者を出した。会社側は12月15日、会社更生法適用を札幌地裁に申請、事実上倒産した。

ロッキード裁判
昭和56年11月5日、ロッキード事件初の判決公判が、東京地裁で開かれ、国際興業社主・小佐野賢治被告(当時64歳)に議院証言法違反で懲役1年(求刑・同2年)の判決が下った。また、10月28日には、東京地裁のロッキード事件丸紅ルート公判に元首相秘書官・榎本敏夫被告の元夫人・榎本三恵子さんが検察側証人として出廷し、榎本被告が丸紅からの5億円受領を認め、証拠隠滅をはかったと証言した。榎本三恵子さんは証言後の記者会見で「ハチは一度刺すと自分も死ぬという。私もその覚悟はしてます」と語った。「ハチの一刺し」は流行語となった。
ローマ法王初来日
昭和56年2月23日、246代にわたるローマ法王の中で、ヨハネ・パウロ2世が、初めて日本を訪れた。法王は、羽田空港の滑走路に敷かれた絨毯にひざまずき、大地にキスして日本への敬意を表明した。翌24日には、皇居を訪問、天皇陛下と約45分間会見した。また、東京・日本武道館で開かれた「ヤング&ホープ大集会」に出席し、約4000人の若者と「希望」、「愛」、「平和」について対話した。その後、広島、長崎を訪れ、26日に離日した。広島では原爆慰霊碑に献花、全世界に向けた「平和アピール」を発表した。
巨人軍8年ぶりV
プロ野球日本シリーズの第6戦、10月25日、巨人は日本ハムを6対3で下し、通算4勝2敗で、V9達成の1973年以来、8年ぶりに16度目の日本一に輝いた。藤田元司監督、王貞治助監督、牧野茂ヘッドコーチの「トロイカ体制」でスタートした新生巨人はシーズン開幕から好ダッシュを見せ、09月23日に4年ぶりのセ・リーグ優勝を決めた。
リバイバル1981年へ
【広告】副業でお金儲け/ パワーストーン星のかけら