懐かしい思い出がここにあります。 RetroFun

HOME TVドラマ 音  楽 映  画 世  相
1950年代へ
1960年代へ
1970年代へ
年代別
1980年(昭和55年)
1981年(昭和56年)
1982年(昭和57年)
1983年(昭和58年)
1984年(昭和59年)
1985年(昭和60年)
1986年(昭和61年)
1987年(昭和62年)
1988年(昭和63年)
1989年(昭和64年
平成元年)
1990年代へ
リバイバル1982年へ
ホテル・ニュージャパン火災事故
昭和57年2月8日午前3時半過ぎ、東京永田町のホテル・ニュージャパンの9階客室から出火した。9、10階の約4300平方メートルが約9時間にわたって炎上、死者33人、重軽傷者29人を出す大惨事となった。同ホテルはスプリンクラーなどの防火設備が不備の欠陥ホテルで、東京消防庁から再三にわたって改善指導、勧告を受けていた。しかし、横井秀樹社長ら経営陣は安全より営利を優先させ、勧告などを無視していた。11月18日、横井社長、副社長(横井社長の長男)、支配人らは逮捕。12月9日、業務上過失致死で起訴され、その後、有罪が確定した。
羽田沖で日航機墜落事故
昭和57年2月9日午前8時45分頃、東京・羽田空港沖で着陸態勢に入った福岡発の日本航空DC8型機が滑走路手前の海上に墜落し、乗客24人が死亡、149人が重軽傷を負う事故が起きた。運輸省事故調査委員会などの調査で、事故は心身症の病歴のある機長(当時35歳)がエンジンを逆噴射させるなどの異常操縦をしたため、と判明した。警視庁は機長の責任を追及したが、精神鑑定の結果、機長は事故当時「心神喪失状態にあり、刑事責任は問えない」とされ、不起訴処分となった。機長の精神障害が原因という航空事故は世界でも例のないものだった。
長崎集中豪雨
昭和57年7月23日夕方から九州北部は集中豪雨に見舞われ、長崎県・長与町では1時間に187ミリという観測史上1位の雨量を記録した。長崎市内では中島川にかかる眼鏡橋(国の指定重要文化財)が半壊したのをはじめ、各地で河川の氾濫、土砂崩れ、家屋の倒壊などの被害が続出し、死者295人、行方不明4人、負傷者166人にものぼった。
中曽根新内閣発足
自民党総裁選告示を4日後に控えた昭和57年10月12日、鈴木善幸首相が退陣を表明。後継についての話し合い調整は失敗に終わり、中曽根康弘、河本敏夫、安部晋太郎、中川一郎の4氏による予備選に突入した。この結果、田中、鈴木両派の支持を受けた中曽根氏が過半数を上回る得票で圧勝。2位の河本氏、3位の安部氏が本選挙出馬を辞退したため、中曽根氏が第11代自民党総裁に決定、11月27日に中曽根内閣がスタートした。蔵相に竹下登、官房長官に後藤田正晴など田中派が6ポストを占めた。
東北・上越新幹線が開業
昭和57年、東北新幹線の大宮−盛岡間465.6Kmが06月23日に、上越新幹線の大宮−新潟間270kmが11月15日に、それぞれ開業した。
リバイバル1982年へ
【広告】副業でお金儲け/ パワーストーン星のかけら