懐かしい思い出がここにあります。 RetroFun

HOME TVドラマ 音  楽 映  画 世  相
1950年代へ
年代別
1960年(昭和35年)
1961年(昭和36年)
1962年(昭和37年)
1963年(昭和38年)
1964年(昭和39年)
1965年(昭和40年)
1966年(昭和41年)
1967年(昭和42年)
1968年(昭和43年)
1969年(昭和44年)
1970年代へ
1980年代へ
1990年代へ
1969年人気ドラマ一覧へ|01|02→03→
サインはV 1st〜4th
サインはV
TBS系 1969年放送
出演:岡田可愛、中山麻理、范文雀、中山仁

◆コメント◆
講談社の「週刊少女フレンド」(原作・神保史郎、画・望月あきら)に連載され、大人気を誇った少女マンガを実写化した実写スポ根モノの草分け名作ドラマ。

バレー練習中の不慮の事故で姉を亡くした朝丘ユミ。バレーを憎みながらもその天賦の才能から実業団バレーにスカウトされ、厳しいコーチ牧圭介の下、有名選手の椿麻理、ジュンらと一緒に日本一を目指していく。

実写にもかかわらず「稲妻落とし」や「X攻撃」など荒唐無稽なワザが炸裂! 大胆な映像・演出は今見ても革新的だ。見始めると本気の熱気と本気の汗、ド根性ストーリーと大げさ演技に魅了されてしまう。その前向きパワーのすごさには、見ているこちらもムダにヤル気が湧いて来たりして。放送当時、大人から子供まで広い年齢層に熱狂的な支持を受け、平均32.3%という驚異的な視聴率を記録しているが、その魔力は今でも色褪せていない。

水戸黄門 第一部 シリーズ BOX
水戸黄門
TBS系 1969放送
出演:東野英治郎、杉良太郎、横内正、中谷一郎、岩井友見、弓恵子、露口茂、山形勲、永田靖

◆コメント◆
1969年に放映がスタートし、2003年12月で放送1,000回を迎える国民的番組。
水戸黄門が家老と老中による水戸藩乗っ取りを阻止するために江戸へ向かい、その後、讃岐藩の内紛解決をし、旅を終えるまでを描く。

「人〜生楽ありゃ、苦〜もあるさ〜」の主題歌もおなじみ。

プレイガール Premium Collection(1) プレイガール Premium Collection(2)
プレイガール
テレビ東京系 1969放送
出演:沢たまき、應蘭芳、緑魔子、真理明美、桑原幸子、八代万智子、高毬子、 ハン・ザ・麻耶(范文雀)、浜かおる、戸川昌子

◆コメント◆
香港生まれ東京育ちの蘭芳、 男嫌いのマコ、 冒険好きのユッコたちは、 オネエこと沢たまきに率いられ、 国際保険調査員として難事件解決のために奔走していた。「プレイガール」の異名を取る彼女たちは、 下着や胸の谷間を見せながら男たちと戦い、 時には悩殺しつつ、 保険金にまつわる事件の調査を進めていくのだが…。

1969年4月から1974年9月までテレビ東京系で放映された、 伝説のお色気女性アクション・ドラマ。人気女優によるミニスカートでのアクションやパンチラなどが話題になり、 メンバーを入れ替えながら5年半もの長寿を記録した。

無用の介 DVD-BOX(1)
無用ノ介
日本テレビ系 1969放送
出演:伊吹吾郎、伊丹十三、名古屋章、南原宏治、山形勲

◆コメント◆
高額の賞金のかかった“首”を求めて旅をする隻眼の浪人、無用ノ介。原作は『ゴルゴ13』のさいとう・たかをの人気劇画。 時代劇の賞金稼ぎというキャラクターは、みんなすごく個性的なのだが、この“無用ノ介”もそれに輪をかけて強烈。どこの土地へ行っても余所者の野良犬扱い。そもそも名前からしてこれほどまでに悲惨な男も珍しい。なのに、ただギラギラした男かと思えば、意外と“いいヤツ?”と思わせるシーンも出てくるのがミソ。

主演の伊吹吾郎は、当時新人だったが“風貌があまりに劇画的”だったの制作者の思惑と一致し抜擢に至った。確かに、がっちりした体と彫りの深い顔立ち。太い眉毛に低い声。もちろん体躯を生かした殺陣も豪快。劇画さながらの迫力だ。しかし、伊吹吾郎本人の性格は、当時から“格さん”的で、いたって真面目。その真剣な役作りは『無用ノ介』の画面からもほとばしっている。

そして、主題歌を歌っているのは、なんと歌謡界の女王、美空ひばり。

1969年人気ドラマ一覧へ|01|02→03→
【広告】副業でお金儲け/ パワーストーン星のかけら