懐かしい思い出がここにあります。 RetroFun

HOME TVドラマ 音  楽 映  画 世  相
1950年代へ
1960年代へ
年代別
1970年(昭和45年)
1971年(昭和46年)
1972年(昭和47年)
1973年(昭和48年)
1974年(昭和49年)
1975年(昭和50年)
1976年(昭和51年)
1977年(昭和52年)
1978年(昭和53年)
1979年(昭和54年)
1980年代へ
1990年代へ
1971年人気ドラマ一覧へ|01|02→03→
おれは男だ!DVD-BOX1 おれは男だ!DVD-BOX2
おれは男だ!
日本テレビ系 1971放送
森田健作、早瀬久美、笠智衆、松村達雄、津島恵子、牟田悌三、 河原崎長一郎、秋山ゆり、森本レオ、田坂都、三城康裕、 米倉斉加年、玉川良一、石井 富子

◆コメント◆
当時週刊セブンティーンで連載されていた津雲むつみによる 同名コミックをTVドラマ化。生徒の8割が女子という若葉高校に、 熱血男子・小林が転校してくる。 彼はウーマンパワーの打倒を目的に、剣道同好会を結成する。

当時はウーマンリブの全盛時代。そうした世相的背景から設定されたのが、女生徒が大半を占める女性上位の高校であった。そこに転校してきた主人公小林弘二は、剣道部の主将として男性復権に立ち上がる。その熱血ぶりはそのまま森田健作本人のキャラクターと重なり、ここに新たな青春スターが誕生。番組も大ヒットとなった。夕陽、海岸、涙といった青春を象徴する数々のイメージは、おそらくここから生まれたものだろう。

美しきチャレンジャー
美しきチャレンジャー
TBS系 1971年放送
新藤恵美、森次浩司、中村竹弥、進千賀子、紅理子、高樹蓉子、風見章子、左時枝、泉洋子、リンダ・ベル、植田峻、小泉栄子

◆コメント◆
70年代のボーリングが大ブームとなった時期に登場したスポ根ドラマ。 新藤恵美扮する新入社員のみどりが、先輩ボウラーとの対立、陰謀、 策略に立ち向かう。

中山律子などプロのゲスト出演も話題を呼んだ。

おひかえあそばせ
おひかえあそばせ
日本テレビ系 1971放送
石立鉄男、大坂志郎、冨士真奈美、宮本信子、 嘉手納清美、岡田可愛、鳥居恵子、津山登志子、山本紀彦
◆コメント◆
1970年代一世を風靡した“石立ホームコメディドラマ”。 男やもめの池西猪太郎(大坂志郎)は退職金で家を買い、5人の娘と移り住むが、売り主の娘が下宿するという条件付きだった。 ところが、下宿人は薫という名の若い男(石立鉄男)だった。 互いにぶつかり合いながらの奇妙な同居生活を人情豊かに描く。

設定は後の『雑居時代』とほぼ同じ。一つ屋根の下で恋が芽ばえていくというパターンは少女まんがのラブコメの定番。

もじゃもじゃ頭のカメラマン・ 石立鉄男はシリーズが進むに従ってふくよかになり、三枚目になっていくが、最初まだ二枚目だった。

気になる嫁さん
気になる嫁さん
日本テレビ 1971年放送
榊原るみ、石立鉄男、冨士真奈美、杉葉子、山田吾一、 佐野周二、浦辺粂子、山本紀彦、水野久美

◆コメント◆
風変わりな個性を発揮し合い生活する清水家を舞台に、恋愛、家族愛、絆をテーマに描く

石立鉄男主演によるホームコメディ。大ヒットした「おひかえあそばせ」の後続番組で、 石立コメディ初期の傑作として知られる。榊原るみがフレッシュな演技を見せ、佐野周二、 冨士真奈美、 山田吾一、 水野久美、 浦辺粂子など豪華共演陣が脇を固めている。

清水家は威厳のない父と真面目すぎる長男、 オールドミスの長女、 金に汚い二男、 体育会系の三男、 夢に燃える大学生の四男、 そして口の悪いお手伝いがそれぞれ勝手に暮らしていた。ある日、 末っ子の四男が恋人を連れて結婚宣言し、 その上向学のため単身でアメリカへ渡った。残された恋人で将来の嫁さんは清水家に同居することになる。

1971年人気ドラマ一覧へ|01|02→03→
【広告】副業でお金儲け/ パワーストーン星のかけら