懐かしい思い出がここにあります。 RetroFun

HOME TVドラマ 音  楽 映  画 世  相
1950年代へ
1960年代へ
年代別
1970年(昭和45年)
1971年(昭和46年)
1972年(昭和47年)
1973年(昭和48年)
1974年(昭和49年)
1975年(昭和50年)
1976年(昭和51年)
1977年(昭和52年)
1978年(昭和53年)
1979年(昭和54年)
1980年代へ
1990年代へ
1976年人気ドラマ一覧へ|01|02→03→04→
気まぐれ天使 DVD-BOX 1
気まぐれ天使
日本テレビ系 1976年放送
出演:石立鉄男、大原麗子、酒井和歌子、森田健作、樹木希林、坪田直子、秋野暢子、浅野真弓

◆コメント◆
石立鉄男主演、童話作家の夢を持つサラリーマン・加茂忍の日常を笑いと感動で描いたホームコメディ。

下着メーカーに勤務する加茂忍(石立鉄男)は童話作家を目指している。職場で知り合った大隈妙子(大原麗子)と極秘に婚約中だが、300万貯めるまでは結婚もお預けの身。そんな、ある日、行き倒れの老婆・伊集院綾乃(樹木希林)を助けたことから、綾乃とその孫娘の渚(坪田直子)の面倒も見る羽目に。

赤い運命 DVD BOX
赤い運命
TBS系 1976年放送
出演:宇津井健、山口百恵、秋野暢子、三国連太郎、南條豊

◆コメント◆
伊勢湾台風で行方不明になった娘の島崎直子(山口百恵)と吉野いずみ(秋野暢子)が入れ替わって吉野検事(宇津井健)と殺人犯の島崎英次(三国連太郎)に引き取られる。実母大竹由美子(岸田今日子)は記憶喪失で、ますますややこしくしてくれる。相手役は新人の南條豊。

運命のいたずらによって親子の愛憎劇が怒涛のように繰り広げられていく。『赤い迷路』『赤い疑惑』に続いて親子を演じた宇津井健と山口百恵の真摯なたたずまいが印象深いが、今回はそれ以上に三國連太郎の怪演が圧倒的存在感で迫りくる。

DVD発売中⇒赤い運命 DVD BOX
赤い衝撃 DVD BOX
赤い衝撃
TBS系 1976年放送
出演:山口百恵、三浦友和、草笛光子、中条静夫、田村高廣

◆コメント◆
大山友子(山口百恵)は陸上界期待のスプリンターで実業家大山豪介(中条静夫)の後妻の鈴代(草笛光子)の連れ子。ところが狙撃犯を追う刑事の新田秀夫(三浦友和)に誤って撃たれて下半身不随に。秀夫の父で同じく刑事の新田雄作(田村高広)は豪介の過去を追っている。

宇津井健に代わる父親、中条静夫が「俺のかわいいウサギ」「おまえはバカだ、バカな踊りの師匠だ!」と名セリフを連発。

赤いシリーズ第4作。これまで主演を務めてきた宇津井健が初めて退き(後半、特別出演)、完全に山口百恵と三浦友和のゴールデン・コンビ主演作として怒涛のような純愛サスペンス・ドラマを成立、その人気を強く日本中に決定づけることに貢献したことでも知られている。ふたりを取り巻く中条静夫や原知佐子、長門裕之ら個性派キャスト陣の濃すぎるほどにこってりした演技合戦も大いに評判を呼び、初放映時は最高視聴率32.6パーセントという快挙を成し遂げた。

DVD発売中⇒赤い衝撃 DVD BOX
前略おふくろ様2 DVD-BOX
前略おふくろ様U
日本テレビ系 1976年放送
出演:萩原健一、八千草薫、梅宮辰夫、桃井かおり、田中絹代、風吹ジュン、汐路章、志賀勝、坂口良子、木之内みどり、生井健夫、下元勉、寺田農、小松政夫、小原秀明、大滝秀治、岸田今日子、小鹿番、小野武彦、北林谷栄、丘みつ子、高沢順子、緋多景子、今井和子、藤田淑子

◆コメント◆
倉本聰脚本、萩原健一主演による名作ドラマの第2シリーズ。下町の料亭『川波』を舞台に、板前のサブや板前頭・秀治、かすみらに、料亭の女将のかや、その娘・冬子などの面々を加え、笑いあり涙あり恋ありの人情溢れる物語が展開していく。

1976年人気ドラマ一覧へ|01|02→03→04→
【広告】副業でお金儲け/ パワーストーン星のかけら