懐かしい思い出がここにあります。 RetroFun

HOME TVドラマ 音  楽 映  画 世  相
1950年代へ
1960年代へ
1970年代へ
年代別
1980年(昭和55年)
1981年(昭和56年)
1982年(昭和57年)
1983年(昭和58年)
1984年(昭和59年)
1985年(昭和60年)
1986年(昭和61年)
1987年(昭和62年)
1988年(昭和63年)
1989年(昭和64年
平成元年)
1990年代へ
1985年人気ドラマ一覧へ←01|02|03→04→05→
大映テレビ ドラマシリーズ ヤヌスの鏡 前編 大映テレビ ドラマシリーズ ヤヌスの鏡 後編
ヤヌスの鏡
フジテレビ系 1985年放送
出演:杉浦幸、山下真司、風見慎吾、河合その子、中条静雄、宮川一郎太、大沢逸見大石悟郎、賀来千香子、高橋悦史、初井言榮、前田吟、竹内力、長山洋子、石橋正次、他

◆コメント◆
普段は真面目な優等生だが時として凶悪な不良少女に変貌してしまう高校生・小沢裕美(杉浦幸)をヒロインに、誰もが心の奥底に抱く”変身願望”の危うさと”多重人格”の恐怖を描く異色の青春ドラマ。

原作は「ジキルとハイド」の少女版とも言える宮脇明子の同名漫画で、ヤヌスとは前後二つの顔を持ち物事を内と外の両面から見る事ができたという古代ローマの神。

スタア誕生 前編 スタア誕生 後編
スタア誕生
フジテレビ系 1985年放送
出演:堀ちえみ、若林豪、国広富之、風見慎吾、中村晃子、下川辰平、丘さとみ、梅宮辰夫、梶芽衣子、根本律子、比企理恵、賀来千香子、小林昭二、奥村公延、内田稔、嶋大輔

◆コメント◆
長野県の高校で演劇部に在籍する少女・河田順子(堀ちえみ)が心臓を患いながらも命を賭けてスター道を駆け上がる姿をドラマチックに描いたドラマ。

大映テレビ十八番の、薄幸のヒロインとその出生の秘密、ヒロインと彼女の理解者である男性とのロマンス、ヒロインに敵意を剥き出しにするライバルとの確執といった、70年代”赤シリーズ”や80年代”少女シリーズ”などTBS作品で培われた”大映テレビ調”がフジテレビに登場した記念作品でもある。

大映テレビ ドラマシリーズ 乳姉妹 前編 大映テレビ ドラマシリーズ 乳姉妹 後編
乳姉妹
TBS系 1985年放送
出演:伊藤かずえ、渡辺桂子、松村雄基、森恵、高橋昌也、鶴見辰吾、岡田奈々、小沢仁志、井川比佐志、岩本多代、名古屋章

◆コメント◆
1985年4月からTBS系にて放送された大映テレビ製作によるドラマ。大財閥の一人娘・千鶴子と、 貧しい家に育ち、 新聞配達で母を助けるしのぶ。全く違った環境で育った二人だったが、 その過去には重大な秘密があった。"乳姉妹"の間柄である18歳の二人の少女を主人公に、 二人に降りかかる数奇な運命を描く。

主人公はアイドル歌手・渡辺桂子と大映ドラマの常連・伊藤かずえ。その他にも松村雄基、 岡田奈々、 名古屋章といったお馴染みの俳優陣が顔を揃えている。原作は吉屋信子による少女小説の古典『あの道この道』。

大映テレビ ドラマシリーズ ポニーテールは振り向かない 前編 大映テレビ ドラマシリーズ ポニーテールは振り向かない 後編
ポニーテールは振り向かない
TBS系 1985年放送
出演:伊藤かずえ、鶴見辰吾、松村雄基、宮田州、石井めぐみ、坂上忍、片平なぎさ、岡田奈々、高橋昌也、梶芽衣子、高橋かおり、 松崎しげる、ケント・ギルバード、国広富之

◆コメント◆
1985年10月からTBS系にて放送された大映テレビ製作によるドラマ。幼い頃に母と別れ、 18歳で父を失った少女が、 様々な試練に見舞われながらもそれを乗り越え、 ドラマーとして、 そして人間として成長してゆく姿を描いた青春ドラマ。

大映ドラマの名脇役として数々の作品の出演した伊藤かずえが主人公の少女を好演。松村雄基、 名古屋章、 片平なぎさ等常連たちに加え、 鶴見辰吾、 松崎しげる、 ケント・ギルバート等も出演している。原作は喜多嶋隆による同名小説。主題歌は小比類巻かほるの『NEVER SAY GOOD BYE』。

1985年人気ドラマ一覧へ←01|02|03→04→05→
【広告】副業でお金儲け/ パワーストーン星のかけら