懐かしい思い出がここにあります。 RetroFun

HOME TVドラマ 音  楽 映  画 世  相
年代別
1950年(昭和25年)
1951年(昭和26年)
1952年(昭和27年)
1953年(昭和28年)
1954年(昭和29年)
1955年(昭和30年)
1956年(昭和31年)
1957年(昭和32年)
1958年(昭和33年)
1959年(昭和34年)
1960年代へ
1970年代へ
1980年代へ
1990年代へ
1951年興行成績へ←01←02←03←04←05|06|07→
巴里のアメリカ人
巴里のアメリカ人
1951年・アメリカ製作/113分/日本公開:1952年5月
◆監督
ヴィンセント・ミネリ
◆キャスト
ジーン・ケリー、レスリー・キャロン、オスカー・レヴァント、ニナ・フォック、ジョルジュ・ゲタリ

パリで画家修業を続けるジェリーが、歌手のアンリと友情を結ぶ。やがてジェリーは、リズという美しい娘と出会い、恋に落ちてしまう。しかし、リズがアンリの婚約者であると知ったジェリーは、いさぎよくリズのことをあきらめるが。モダン・バレエによる洗練されたミュージカル劇。

アフリカの女王
アフリカの女王
1951年・イギリス製作/104分/日本公開:1952年8月
◆監督
ジョン・ヒューストン
◆キャスト
ハンフリー・ボガート、キャサリン・ヘプバーン、ロバート・モーレイ、

第一次大戦下の東アフリカ。船長チャーリーと宣教師の妹ローズを乗せた蒸気船“アフリカの女王”号は河を下っていくが、彼らの行く手には激流や大瀑布、そしてドイツの戦艦が待ち受けていた!船上で繰り広げられる二人の芝居から、クライマックスの敵の砲艦襲撃シーン、そしてラストシーンの意表を突く展開まで、目を離させない面白さ。

DVD発売中⇒アフリカの女王
欲望という名の電車 オリジナル・ディレクターズカット スペシャル・エディション
欲望という名の電車
1951年・アメリカ製作/122分/日本公開:1952年5月
◆監督
エリア・カザン
◆キャスト
ヴィヴィアン・リー、マーロン・ブランド、キム・ハンター、カール・マルデン

妹ステラを訪ねてニューオリンズにやってきた女性ブランチが、彼女を嫌う妹の夫スタンリーによって暗い過去を暴かれ、精神的に病んでいく様が描かれる。「風と共に去りぬ」のスカーレットとは、うって変わった鬼気迫る女ブランチを演じたビビアン・リーが熱演。この作品によって日本に初紹介されたマーロン・ブランドの野性的な男の魅力も光る。

陽のあたる場所
陽のあたる場所
1951年・アメリカ製作/122分/日本公開:1952年9月
◆監督
ジョージ・スティーヴンス
◆キャスト
モンゴメリー・クリフト、エリザベス・テイラー、シェリー・ウィンタース

セオドア・ドライサー原作小説「アメリカの悲劇」の映画化。青春の明と暗、栄光と挫折を当時の若手俳優を起用して製作、演出した野心作。 出世をしたジョージは令嬢との結婚を控える一方、職場の同僚とも深い仲になってしまう。

1951年興行成績へ←01←02←03←04←05|06|07→
【広告】副業でお金儲け/ パワーストーン星のかけら