懐かしい思い出がここにあります。 RetroFun

HOME TVドラマ 音  楽 映  画 世  相
年代別
1950年(昭和25年)
1951年(昭和26年)
1952年(昭和27年)
1953年(昭和28年)
1954年(昭和29年)
1955年(昭和30年)
1956年(昭和31年)
1957年(昭和32年)
1958年(昭和33年)
1959年(昭和34年)
1960年代へ
1970年代へ
1980年代へ
1990年代へ
1955年興行成績へ←01←02|03|04→05→06→
キム・ノヴァク DVD トリプルパック
ピクニック
1955年・アメリカ製作/113分/日本公開:1956年3月
◆監督
ジョシュア・ローガン
◆キャスト
ウィリアム・ホールデン、キム・ノヴァク、スーザン・ストラスバーグ、ロザリンド・ラッセル、ベティ・フィールド、エリザベス・ウィルソン

カンザスの田舎町。大学時代の友人を訪ねてやってきた青年ハル。その日は“労働休日”。訳あって無一文の彼は、老女の家の庭掃除を申し出る。男っ気のなかったこの家と、女4人で暮らす隣の一家にとって上半身裸で働くハルの姿が眩しく頼もしい。友人アランは隣家の長女マッジの婚約者。彼女は町一番の美人で“ピクニックの女王”。美人というだけで寄ってくる人達が、心を開いて接してくれる訳ではないと悩んでいる。その妹のミリーは眼鏡のひがみ屋さん。そんなミリーもハルをパートナーに、マッジはアランを、下宿人の女教師はやもめ商人ハワードとピクニックに出かける。パートナーを交代して踊っているうちにハルとマッジの雰囲気があやしい。酒に酔った女教師の悪態に傷つき、逃げ出すハル。借りた車でマッジも同行したのがアランにばれ、自動車泥棒だと訴えられ、町を出ることに。

赤穂浪士 天の巻・地の巻
赤穂浪士 天の巻・地の巻
1956年・日本製作/151分/日本公開:1956年1月
◆監督
松田定次
◆キャスト
片岡千恵蔵、月形龍之介、薄田研二、堀雄二、原健策、片岡栄二郎

元禄十三年、勅使饗応役浅野内匠頭は生来の一徹さから、江戸城内で吉良上野介に斬りつけたが果さず、即刻切腹、お家断絶の処分をうけた。上野介の子綱憲の養子先、上杉家の家老千坂兵部は家臣小林平七を通して知った浪人堀田隼人と大泥棒の蜘蛛の陣十郎を、隠密として赤穂に放った。浅野家の城代家老大石内蔵助は赤穂城明け渡しを済ませると、妻子と別居し、京の遊里で放蕩三昧の明けくれを送った。浪士たちは或は江戸に、或は他藩に、それぞれの生活を求めて離散したようだが、お家の安泰を願う千坂は気を許さず、小林平七を吉良家に付け人として送るほどの用心深さだった。

修禅寺物語
1955年・日本製作/日本公開:1955年7月
◆監督
中村登
◆キャスト
高橋貞二、淡島千景、坂東簑助[6代目]、岸恵子、山内明、草笛光子

源頼家は父頼朝の死後二代将軍となったが、母尼御台政子の父、執権北条時政とその子義時が権力を恣にしていた。頼家は比企能員の娘若狭局との間に三児をもうけ幸福に見えたが、醜い権力争いに心を痛めていた。伊豆の片田舎修禅寺の里には、面作りの名人夜叉王が二人の娘と共に住んでいた。桂は気位が高く、高貴の人の側女となることを望み、楓は父の唯一の弟子春彦を慕っていた。
ジャンケン娘
ひばり チエミ いづみの ジャンケン娘
1955年・日本製作/92分/日本公開:1955年11月
◆監督
杉江敏男
◆キャスト
美空ひばり、江利チエミ、雪村いづみ、山田真二

美空ひばり、江利チエミ、雪村いづみの3人娘が初共演を果たしたミュージカルコメディ。修学旅行先の京都で舞妓の雛菊と知り合ったルリと由美。東京に戻ったふたりは、雛菊が恋い慕う大学生を探して上京して来たのに同情し、一緒に彼を探し始める。

DVD発売中⇒ジャンケン娘
1955年興行成績へ←01←02|03|04→05→06→
【広告】副業でお金儲け/ パワーストーン星のかけら