懐かしい思い出がここにあります。 RetroFun

HOME TVドラマ 音  楽 映  画 世  相
年代別
1950年(昭和25年)
1951年(昭和26年)
1952年(昭和27年)
1953年(昭和28年)
1954年(昭和29年)
1955年(昭和30年)
1956年(昭和31年)
1957年(昭和32年)
1958年(昭和33年)
1959年(昭和34年)
1960年代へ
1970年代へ
1980年代へ
1990年代へ
1959年興行成績へ←01←02←03|04|05→06→
男が命を賭ける時
1959年・日本製作/88分/日本公開:1959年12月
◆監督
松尾昭典
◆キャスト
石原裕次郎、南田洋子、二谷英明、芦川いづみ、川地民夫

小室は大型貨物船の船医だが、船を降りることにした。やっと小さな医院を建てるほどの金がたまったのだ。コックの坊やのねがいで、彼は皿をクレイがわりに早撃ちの手なみを見納めさせてやった。帰京前に立寄った伊豆の猟場で、思わぬ殺人事件にまきこまれた。附近の開業医が散弾で顔も判らぬほど惨殺された。東京から駆けつけた子の雅夫と圭子は小室を犯人と目した。鉄道架設工事に盲腸患者が出た。図師刑事のすすめで、小室が行った。病人は常盤組の配下で働く湯沢組の組長だが、その弟俊二は彼に敵意を持っているようだった。
鉄火場の風
鉄火場の風
1960年・日本製作/91分/日本公開:1960年1月
◆監督
牛原陽一
◆キャスト
石原裕次郎、北原三枝、芦田伸介、赤木圭一郎、梅野泰靖、宍戸錠

死後19年を経てもいまなお衰えることのない人気とカリスマ性を持つ石原裕二郎の主演映画をファン投票に基づいてリリースする特集第1弾。組長殺しの容疑で刑務所に入れられた双葉組の元代貸・英次。出所後、英次は自分の無実を晴らすべく奔走するが…。

DVD発売中⇒鉄火場の風
人間の條件 第3部望郷篇/第4部戦雲篇
1959年・日本製作/日本公開:1959年11月
◆監督
小林正樹
◆キャスト
仲代達矢、新珠三千代、佐田啓二、渡辺文雄、安井昌二、桂小金治

厳寒の北満。関東軍の一部隊では、梶たち初年兵が連日厳しい訓練を受けていた。板内と吉田の上等兵は、なにかというと初年兵を殴った。美千子から、中隊長に、特殊工人斬首事件での梶の無罪を訴える手紙が来た。が、かえってそれは梶を不利な立場に追いこんだ。新城一等兵もにらまれていた。彼の兄が思想犯であったからだ。梶と新城は親しくなった。美千子が、老虎嶺から三十キロの道をやって来た。その夜、美千子は消燈ラッパを梶の胸の中で聞いた。行軍が行われ、梶の属する第三班からは、小原と佐々の二人の落伍者を出した。
水戸黄門 天下の副将軍
1959年・日本製作/94分/日本公開:1959年7月
◆監督
松田定次
◆キャスト
月形龍之介、中村錦之助、東千代之介、里見浩太郎、丘さとみ、若山富三郎、

神田の丹前風呂へ下情視察に出かけた黄門は、一見商家の旦那風の男から、我が子の高松藩主・松平頼常が狂気との噂を聞いた。黄門は助さん、格さんの二人を連れ急拠東海道を下った。大井川の川止めで島田宿の旅籠かぶと屋に一行は泊ったが、そこで先に丹前風呂で顔を合せた旦那風の男と、板前風の男に出会った。一行が鈴鹿峠にさしかかったとき数十人の山賊に襲われる。
1959年興行成績へ←01←02←03|04|05→06→
【広告】副業でお金儲け/ パワーストーン星のかけら