懐かしい思い出がここにあります。 RetroFun

HOME TVドラマ 音  楽 映  画 世  相
1950年代へ
年代別
1960年(昭和35年)
1961年(昭和36年)
1962年(昭和37年)
1963年(昭和38年)
1964年(昭和39年)
1965年(昭和40年)
1966年(昭和41年)
1967年(昭和42年)
1968年(昭和43年)
1969年(昭和44年)
1970年代へ
1980年代へ
1990年代へ
1966年興行成績へ←01←02←03|04|05→06→07→
絶唱
1966年・日本製作/100分/日本公開:1966年9月
◆監督
西河克己
◆キャスト
舟木一夫、和泉雅子、滝沢修、山田禅二、花沢徳衛、初井言栄、太田雅子、石森立男

山陰きっての大地主、園田家の一人息子順吉は、休暇で帰省した時、ふとしたことから知り合った山番の娘小雪を深く愛するようになった。これを知った順吉の父惣兵衛は、順吉が大学に帰るや地主の権力で小雪の両親正造とサトに因果を含め小雪を他国へ追い出してしまった。しかし、この事は却って若い二人を近づけることになり、小雪の後を追った順吉はへ日本海の荒波と砂丘にはさまれた町で小雪と世帯を持つ結果になってしまった。
レッツゴー!若大将
1967年・日本製作/91分/日本公開:1967年1月
◆監督
岩内克巳
◆キャスト
加山雄三、有島一郎、中真千子、飯田蝶子、星由里子、田中邦衛

京南大学サッカー部の主将田沼雄一は、リーグの王座をライバル西北大にとられ、来シーズン目指して猛練習に励んでいた。すきやき屋田能久を経営している父久太郎は、雄一を店の支配人にする腹なので、雄一のサッカー好きを喜んでいない。ふとしたことから雄一は宝石店に勤める澄子と知合った。全日本学生選抜メンバーとして香港遠征に行くことになり、メンバーに選ばれなかった友人の石山こと青大将も、父の会社の仕事を理由に加わり、一方澄子も専務の坂本の香港出張に同行することになった。
アルプスの若大将
アルプスの若大将
1966年・日本製作/94分/日本公開:1966年5月
◆監督
古沢憲吾
◆キャスト
加山雄三、有島一郎、中真千子、飯田蝶子、星由里子、田中邦衛

加山雄三を“永遠の若大将”として世に知らしめた青春ドラマシリーズ第7弾。スキー部の雄一は論文が認められ欧州に招待旅行に出掛ける。『ハワイの若大将』に続く2度目の海外ロケ作品で、国体出場の経験のある加山雄三のスキーの実力が発揮される。 。

愛と死の記録
1966年・日本製作/93分/日本公開:1966年9月
◆監督
蔵原惟繕
◆キャスト
渡哲也、吉永小百合、中尾彬、浜川智子、佐野浅夫、滝沢修

ある朝、松井和江は勤め先の楽器店の前で、危うくオートバイにはねられそうになり、持っているレコードを割ってしまった。そのオートバイに乗っていたのが印刷会社に勤める三原幸雄であった。その事件を機にふたりは急速に近づいていった。そして毎日のように会った。しかし幸雄の親がわりになっている製版班長の岩井は幸雄の恋を知って深刻な表情になった。幸雄は四歳の時被爆し、両親を失った。
1966年興行成績へ←01←02←03|04|05→06→07→
【広告】副業でお金儲け/ パワーストーン星のかけら