懐かしい思い出がここにあります。 RetroFun

HOME TVドラマ 音  楽 映  画 世  相
1950年代へ
年代別
1960年(昭和35年)
1961年(昭和36年)
1962年(昭和37年)
1963年(昭和38年)
1964年(昭和39年)
1965年(昭和40年)
1966年(昭和41年)
1967年(昭和42年)
1968年(昭和43年)
1969年(昭和44年)
1970年代へ
1980年代へ
1990年代へ
1967年興行成績へ|01|02→03→04→05→06→
夕陽のガンマン
夕陽のガンマン
1965年・イタリア・スペイン製作/132分/日本公開:1967年1月
◆監督
セルジオ・レオーネ
◆キャスト
クリント・イーストウッド、リー・ヴァン・クリーフ、ジャン・マリア・ヴォロンテ、クラウス・キンスキー

「荒野の用心棒」に続いてイーストウッドが主演した、セルジオ・レオーネ監督によるウェスタン。殺人強盗犯と、彼をめぐって衝突しあうふたりの賞金稼ぎを描く。主題歌もヒットしたエンニオ・モリコーネの音楽も絶好調で、リー・ヴァン・クリーフが渋い役どころをこなす傑作。

DVD発売中⇒夕陽のガンマン
おしゃれ泥棒
おしゃれ泥棒
1966年・アメリカ製作/126分/日本公開:1966年11月
◆監督
ウィリアム・ワイラー
◆キャスト
オードリー・ヘプバーン、ピーター・オトゥール、イーライ・ウォラック、ヒュー・グリフィス

贋作画家シャルル・ボネの家に、内偵中の私立探偵シモンが忍び込んだ。ところがたちまち、画家の娘ニコルに発見されてしまう。シモンを泥棒と信じたニコルは、美術館からビーナス像を盗み出すことを依頼する。警戒厳重な美術館に、二人は潜入することに成功するが...。

DVD発売中⇒おしゃれ泥棒
007は二度死ぬ
007は二度死ぬ
1967年・イギリス製作/117分/日本公開:1967年6月
◆監督
ルイス・ギルバート
◆キャスト
ショーン・コネリー、若林映子、浜美枝、丹波哲郎、ドナルド・プレザンス、バーナード・リー

米ソの宇宙ロケットが、次々と行方不明になるという事件が発生した。事件の背後にスペクターの影を見いだした英国情報部は、真相究明のため、ジェームズ・ボンドを日本に派遣する。日本の情報部局長、タナカの助けを得て、ボンドはスペクターの秘密基地に潜入する。

大掛かりな日本ロケと、宇宙にまで舞台を広げたストーリーのミス・マッチが何ともユニーク。一部では007の“裏ベスト1”とも言われている。ナンシー・シナトラの歌う主題歌と、蛇の目傘がバックに映るタイトルバックもチグハグだが、印象深い。

日本のいちばん長い日
日本のいちばん長い日
1967年・日本製作/157分/日本公開:1967年8月
◆監督
岡本喜八
◆キャスト
三船敏郎、加山雄三、宮口精二、笠智衆、山村聡、小杉義男、志村喬、高橋悦史、井上孝雄、中丸忠雄、黒沢年男

昭和20年8月6日と9日に原爆投下、8日にはソ連参戦と、追い詰められた日本はついにポツダム宣言の受諾を決定した。しかし、あくまでも徹底抗戦を叫ぶ一部の軍人たちは、8月15日正午に流される玉音放送を阻止すべくクーデターを計画。かくして終戦までの24時間、日本のいちばん長い日の幕が開ける!

大宅壮一のノンフィクションを原作に、戦中派のシネマアルチザン岡本喜八監督が腹をくくった骨太の演出で迫る東宝戦記大作「8・15シリーズ」の第1作。あえて民間人を登場させず、お偉方たちの右往左往を描くことで、戦争の愚かさ滑稽さを濃密に醸し出される驚異。三船敏郎をはじめとするオールスター・キャストの熱演、誇り高きスタッフワークに支えられながら繰り広げられる2時間半余の上映時間、そしてラストでは岡本監督が真に訴えたかったテーマが荘厳に奏でられていく。

1967年興行成績へ|01|02→03→04→05→06→
【広告】副業でお金儲け/ パワーストーン星のかけら