懐かしい思い出がここにあります。 RetroFun

HOME TVドラマ 音  楽 映  画 世  相
1950年代へ
1960年代へ
年代別
1970年(昭和45年)
1971年(昭和46年)
1972年(昭和47年)
1973年(昭和48年)
1974年(昭和49年)
1975年(昭和50年)
1976年(昭和51年)
1977年(昭和52年)
1978年(昭和53年)
1979年(昭和54年)
1980年代へ
1990年代へ
1971年興行成績へ←01←02|03|04→05→
公式長編記録映画 日本万国博
公式長編記録映画 日本万国博
1971年・日本製作/174分/日本公開:1971年4月
◆監督
谷口千吉

1970年に大阪・千里が丘で開催された、「人類の進歩と調和」をテーマにした世界規模の大博覧会。その模様を丹念に記録した、谷口千吉総監督による公式長編記録映画。単に万国博開催期間中の場内の様子を追ったドキュメンタリーではなく、入場券の発売にパニック状態の切符売り場を裏から覗いたり、あるいはアメリカ館に展示されていた月の石を見た率直の感想を拾ってみたり。オフィシャルな記録としての正確さよりも、参加した観客の視点を大切にした構成が素晴らしい。

激動の昭和史 沖縄決戦
1971年・日本製作/149分/日本公開:1971年7月
◆監督
岡本喜八
◆キャスト
小林桂樹、丹波哲郎、仲代達矢、森幹太、睦五郎、佐々木勝彦、大丸二郎、玉川伊佐男

太平洋戦争末期を舞台に、沖縄本土決戦の悲劇を描いた戦記もの。敗色濃厚な日本軍は、連合軍を沖縄で食い止めるため、大量の兵力を注ぎ込んだ。しかし連合軍の空爆によって、沖縄第三十二軍はあえなく四散、やがて米軍の上陸をゆるしてしまう。「東宝8・15シリーズ」として製作された。
新網走番外地 吹雪の大脱走
1971年・日本製作/106分/日本公開:1971年12月
◆監督
降旗康男
◆キャスト
高倉健、星由里子、牧紀子、黒沢年男、谷隼人、田中邦衛

網走刑務所の囚人たちは、末広勝治のいる二舎、監獄ボスの熊沢のいる一舎、工藤、木村のひねくれグループの三派に分かれていた。ボスの熊沢は、看守部長や古参の看守高野らと組んで刑務所の物資を横流しなどして、我がもの顔でのさばり、末広や工藤たちが、真冬の森林伐採を命じられ死者を出すほどの苦闘をしている時も、暖かい刑務所で楽な日を送っていた。その上、彼らは伐採した材木の横流しを計画、暴動を起こしてその隙に事を実行に移そうとしていた。
新網走番外地 嵐呼ぶ知床岬
1971年・日本製作/105分/日本公開:1971年8月
◆監督
降旗康男
◆キャスト
高倉健、三橋達也、野添ひとみ、江夏夕子、谷隼人、流健二郎、玉川良一、田中春男

傷害事件で刑に服していた末広勝治は、2年8カ月ぶりに網走刑務所をでた。末広は結婚間近い妹の待つ東京へ向おうとしたが、駅前の食堂で、加納牧場と熊谷牧場の乱闘に捲き込まれたことから加納牧場で働くことになった。競走馬を生産する加納と熊谷の牧場は、ダービー馬をめざして先代から競い合う仲だった。熊谷の先代がレースの不正事件で死んだ後は、3人の兄弟太郎、源二、三郎はダービー馬の生産を目ざして懸命だった。ところが加納牧場にダービーの有力馬カノーホマレが生産されるに及んで、3兄弟は、この馬を手に入れようと様様な奸計をめぐらしていた。
1971年興行成績へ←01←02|03|04→05→
【広告】副業でお金儲け/ パワーストーン星のかけら