懐かしい思い出がここにあります。 RetroFun

HOME TVドラマ 音  楽 映  画 世  相
1950年代へ
1960年代へ
年代別
1970年(昭和45年)
1971年(昭和46年)
1972年(昭和47年)
1973年(昭和48年)
1974年(昭和49年)
1975年(昭和50年)
1976年(昭和51年)
1977年(昭和52年)
1978年(昭和53年)
1979年(昭和54年)
1980年代へ
1990年代へ
1971年興行成績へ←01←02←03←04|05
戦争と人間 第二部・愛と悲しみの山河
戦争と人間 第二部・愛と悲しみの山河
1971年・日本製作/150分/日本公開:1971年6月
◆監督
山本薩夫
◆キャスト
滝沢修、高橋悦史、浅丘ルリ子、北大路欣也、吉永小百合、芦田伸介、水戸光子

東映任侠路線「昭和残侠伝」シリーズ第8弾。長い獄中生活を終えた秀次郎は、前橋の黒田一家にワラジを脱ぐ。だが、秀次郎は黒田の罠とも知らず、ある権利を巡り対立する政治一家と稲葉一家の争いに巻き込まれ、かつての恋人・おみのを殺害されてしまう。

フレンチ・コネクション
フレンチ・コネクション
1971年・アメリカ製作/105分/日本公開:1972年2月
◆監督
ウィリアム・フリードキン
◆キャスト
ジーン・ハックマン、ロイ・シャイダー、フェルナンド・レイ、トニー・ロー・ビアンコ

刑事ドラマの大傑作。マルセイユとニューヨークを結ぶ麻薬取引のルート(通称“フレンチ・コネクション”)を背景に、“ポパイ”ことドイル刑事が麻薬組織壊滅に執念を燃やす姿を描く。電車で逃げる組織の殺し屋を自動車で追跡するシーンは、映画の持つ“編集”という作業の重要さを示す好例。徹底したドキュメンタリー・タッチも作品世界のリアリティに大いに貢献している。

コールガール
コールガール
1971年・アメリカ製作/115分/日本公開:1971年10月
◆監督
アラン・J・パクラ
◆キャスト
ジェーン・フォンダ、ドナルド・サザーランド、ロイ・シャイダー、チャールズ・シオッフィ、ドロシー・トリスタン

ペンシルヴァニアの研究所の科学者が突如失踪し数ヶ月。彼を探しにNYに派遣された同僚のクルートは、彼がコールガールに宛てた卑猥な手紙だけを頼りに独自の調査を始める。受取人の友人で売れっ子のコールガール、ブリーに協力を請うがつれなくされ、クルートは彼女を監視することに。ひたすらみつめるうち、恋の芽生えを意識する彼の心は、やがて、愛に不寛容な彼女を優しく包みこみ、二人は一致して事件の解決に努める。

DVD発売中⇒コールガール
ラスト・ショー
ラスト・ショー
1971年・アメリカ製作/118分/日本公開:1972年7月
◆監督
ピーター・ボグダノヴィッチ
◆キャスト
ティモシー・ボトムズ、ジェフ・ブリッジス、ベン・ジョンソン、エレン・バースティン

テキサスの小さな町アナリーンに、若者の社交場となっている映画館があった。そこに集まってくる若者、ソニーとデュアンはある日、恋人のことが原因で喧嘩別れしてしまう。そして数年後、朝鮮戦争に出征するために故郷に戻ったデュアンは、ソニーとの友情を取り戻し、かつての遊び場だった映画館へ赴く。古き良き西部の姿を背景に、田舎町に生きる二人の若者の青春をペシミスティックに描く。

1971年興行成績へ←01←02←03←04|05
【広告】副業でお金儲け/ パワーストーン星のかけら