懐かしい思い出がここにあります。 RetroFun

HOME TVドラマ 音  楽 映  画 世  相
1950年代へ
1960年代へ
年代別
1970年(昭和45年)
1971年(昭和46年)
1972年(昭和47年)
1973年(昭和48年)
1974年(昭和49年)
1975年(昭和50年)
1976年(昭和51年)
1977年(昭和52年)
1978年(昭和53年)
1979年(昭和54年)
1980年代へ
1990年代へ
1974年興行成績へ|01|02→03→04→05→06→07→
燃えよドラゴン
燃えよドラゴン
1973年・香港・アメリカ製作/100分/日本公開:1973年12月
◆監督
ロバート・クローズ
◆キャスト
ブルース・リー、ジョン・サクソン、ジム・ケリー、シー・キエン

カンフー・アクションにスパイ・サスペンスを融合させ、復讐、裏切り、陰謀といった要素を間断なく展開させた故B・リーの最高傑作アクション。

陰謀うず巻く国際都市香港から、南シナ海にうかぶ要塞島ハンで開かれる大武術トーナメントへの招待状が世界中の武術の名人にあてて送り出された。ロサンゼルスに住む黒人のカラテの名手ウィリアムス、同じくサンフランシスコのローパーもその招待状を手に香港へ向かった。少林寺で仏の道と武術を勉強中のリーは、秘密情報局から要寒島での武術トーナメントに出場するよう要請される。要塞島でハンがおこなっている麻薬製造密売の内情を探り出せとの指令を受け、復讐心に燃えて、悪の要寒島へ出発する。

エクソシスト
エクソシスト
1973年・アメリカ製作/121分/日本公開:1974年7月
◆監督
ウィリアム・フリードキン
◆キャスト
エレン・バースティン、マックス・フォン・シドー、リー・J・コッブ、ジェイソン・ミラー、リンダ・ブレア

少女リーガンに取り付いた悪魔パズズと二人の神父の戦いを描いたウィリアム・ピーター・ブラッティの同名小説を映画化したセンセーショナルな恐怖大作で一大オカルト・ブームを巻き起こした。母の死に罪を感じる若い神父の葛藤を捉えたストーリーとフリードキンのリアリティを重視したドキュメンタリー・タッチの演出がさえる。スーパーナチュラルな雰囲気を盛り上げる音楽にはマイク・オールドフィールドの“チューブラー・ベルズ”を使用。

北イラクの古代遺跡で、悪霊バズスの偶像を発見したメリン神父は、異様な戦慄と緊迫感を全身に感じていた。ワシントンのジョージタウン。ロケのため臨時に借家住まいをしている人気女優クリスは屋根裏で響く異様な物音に悩まされていた。初めはネズミの仕業だろうとさほど気にしなかったが、まもなく1人娘のリーガンの身に恐るべき事が起こり始めたのだ。医者ではらちがあかず、悪魔祓いの儀式を行うことを決意。カラス神父とメリン神父の悪魔との戦いが始まる。

スティング
スティング
1973年・アメリカ製作/129分/日本公開:1974年6月
◆監督
ジョージ・ロイ・ヒル
◆キャスト
ロバート・レッドフォード、ポール・ニューマン、ロバート・ショウ、チャールズ・ダーニング

二転三転するストーリー展開、リズミカルな脚本、テンポ抜群の演出、驚嘆のラスト・シーン、そしてポールン・ニューマン、ロバート・レッドフォード、ロバート・ショウら名優たちが繰り広げる、華麗で巧みな名演技等、そのどれもが文句なく素晴らしい娯楽映画の大傑作!

1936年シカゴの下町で、詐欺師の3人組が通り掛かりの男をヒッカケて金をだまし取る。しかし彼らが手にしたその金は、いつもとは段違いの思わぬ金額だった。悪い予感は的中。その金は、ニューヨークの大物ロネガンの手下が、賭博の上がりをシカゴへ届ける為の金だったのだ。怒った組織は、仲間の一人であるルーサーを殺害。彼の復讐を誓ったフッカーは、助けを求めて、賭博師ゴンドルフを訪ねた。最初は嫌がっていたものの、ロネガンの名を聞いて目を光らせるゴンドルフ。2人は、ロネガン相手に一世一代の大バクチを企てる。

砂の器
砂の器
1974年・日本製作/143分/日本公開:1974年10月
◆監督
野村芳太郎
◆キャスト
丹波哲郎、加藤剛、森田健作、島田陽子、山口果林、加藤嘉、春日和秀、笠智衆

松本清張の同名小説を、野村芳太郎監督、橋本忍・山田洋次脚本で映画化した社会派サスペンス。迷官入りと思われた殺人事件を捜査する二人の刑事の執念と、暗い過去を背負うがために殺人を犯してしまう天才音楽家の宿命を描く。

ある日、国鉄蒲田操車場構内で扼殺死体が発見された。被害者の身許が分らず、捜査は難航。しかし、事件を担当した今西、吉村の両刑事の執念の捜査がやがて、ひとりの著名な音楽家・和賀英良を浮かび上がらせる...。

1974年興行成績へ|01|02→03→04→05→06→07→
【広告】副業でお金儲け/ パワーストーン星のかけら