懐かしい思い出がここにあります。 RetroFun

HOME TVドラマ 音  楽 映  画 世  相
1950年代へ
1960年代へ
年代別
1970年(昭和45年)
1971年(昭和46年)
1972年(昭和47年)
1973年(昭和48年)
1974年(昭和49年)
1975年(昭和50年)
1976年(昭和51年)
1977年(昭和52年)
1978年(昭和53年)
1979年(昭和54年)
1980年代へ
1990年代へ
1975年興行成績へ←01←02←03←04←05|06|07→08→
野口五郎 再会
再会
1975年・日本製作/93分/日本公開:1975年3月
◆監督
斎藤耕一
◆キャスト
野口五郎、江波杏子、池部良、角ゆり子、佐藤英夫、寺田農、横山エリ

十八才の青年・村田賢にとって、両親を早くなくし三十になるまで岐阜で自分の面倒を見てくれた姉は、母のような、恋人のような何ものにも変えがたい存在であった。しかし、その姉が突然ブラジルへ行くという。小沼という男が誘ったのだ。姉は小沼を愛しているのは間違いない。賢は自由にしてやりたいとも思うが、何だか手放しで喜べない気がしていた。その不安感が、賢を姉の出発地である横浜まで見送りにこさせたのだった。

DVD発売中⇒野口五郎 再会
続 愛と誠
1975年・日本製作/91分/日本公開:1975年3月
◆監督
山根成之
◆キャスト
早乙女愛、南条弘二、多岐川裕美、森次晃嗣、清水理恵

青葉高校を退学となった太賀誠は、不良校として勇名な花園実業高校へ転校した。スケバンやチンピラ生徒のたむろする中を誠は無関心を装っていた。こんな誠の態度がスケバン・グループには面白くなく、一人が誠に襲いかかった。しかし誠は、反対にそのスケバンを3階の教室の窓から逆さ吊りにした。それは誠のスケバンたちに対する宣戦布吉でもあった。一方、早乙女愛は、書き置きを残して家出、誠の後を追って花園高校へ転校して来た。
トラック野郎 御意見無用
トラック野郎 御意見無用
1975年・日本製作/98分/日本公開:1975年8月
◆監督
鈴木則文
◆キャスト
菅原文太、愛川欽也、夏純子、中島ゆたか、佐藤允、春川ますみ

長距離トラック運転手のコンビが繰り広げる笑いと涙の珍騒動。ウェイトレス・洋子にひと目惚れの桃次郎。洋子の婚約者の存在を知った桃次郎は彼女を男のもとへ送り届けることに。ヤクザ映画のスター・菅原が新境地を切り開いたシリーズ第1弾。

帰って来た女必殺拳
帰って来た女必殺拳
1975年・日本製作/77分/日本公開:1975年8月
◆監督
山口和彦
◆キャスト
志穂美悦子、倉田保昭、川崎あかね、張美和、山本麟一、ミッチーラブ

「女必殺拳」シリーズ第三作。幼馴染みが麻薬患者になっていたことを知り、李紅竜は麻薬密輸組織に戦いを挑む。

1975年興行成績へ←01←02←03←04←05|06|07→08→
【広告】副業でお金儲け/ パワーストーン星のかけら