懐かしい思い出がここにあります。 RetroFun

HOME TVドラマ 音  楽 映  画 世  相
1950年代へ
1960年代へ
年代別
1970年(昭和45年)
1971年(昭和46年)
1972年(昭和47年)
1973年(昭和48年)
1974年(昭和49年)
1975年(昭和50年)
1976年(昭和51年)
1977年(昭和52年)
1978年(昭和53年)
1979年(昭和54年)
1980年代へ
1990年代へ
1976年興行成績へ←01←02←03|04|05→06→07→08→09→
続人間革命
1976年・日本製作/159分/日本公開:1976年6月
◆監督
舛田利雄
◆キャスト
丹波哲郎、あおい輝彦 、芦田伸介、新珠三千代、仲代達矢、稲葉義男、春川ますみ

“一人の人間における偉大な人間革命は、やがて一国の宿命の転換をも成し遂げ、さらに全人類の宿命の転換をも可能にするのだ”−−敗戦の焼野原に一人起った戸田城聖は、真実の仏法による民衆救済を心に誓った。
男はつらいよ 葛飾立志篇
男はつらいよ 葛飾立志篇
1975年・日本製作/97分/日本公開:1975年12月
◆監督
山田洋次
◆キャスト
渥美清、倍賞千恵子、樫山文枝、桜田淳子、下絛正巳、三崎千恵子、東つね、前田吟

寅次郎が何を思い立ったか学問を志す、という一編。かつて想いを寄せた人の娘の面倒をみるうちに学問の大切さが身にしみてきた寅次郎。ちょうど“とらや”には大学に残って考古学を研究している女性が下宿することになったことから、大騒ぎに。

正義だ!味方だ!全員集合!!
1975年・日本製作/95分/日本公開:1975年12月
◆監督
瀬川昌治
◆キャスト
いかりや長介、加藤茶、仲本工事、高木ブー、志村けん、榊原るみ、キャンディーズ、園佳也子

前作の大ヒットにより製作された続編で、今回は香港が舞台。前作で性の喜びに目覚めたエマニエルが、女学生、パイロット、上流階級の少女などを相手に性遍歴を重ねていく。持って回った前作より、よりストレートな造りになっている。

ここ横浜・伊勢浜町は平和で小さな町だったが、レジャービル建設をめぐって、腕ずくでも立ち退かせようとする暴力団と、自分たちの土地を守ろうとする住民たちが対立していた。錨長太郎は、小さな広告店を経営していたが不況で倒産、流れ流れて律勢浜にやって来て、部下の中西弘次とインチキ広告屋を始めた。そして、住民が、暴力団・大神組々長の子分に強迫されている事を聞き込み、町内会々長で“クラブ蝶々”を経営しているミヤコに相談して、町内新聞を発行して正義を大衆に訴えようとした。
男はつらいよ 寅次郎夕焼け小焼け
男はつらいよ 寅次郎夕焼け小焼け
1975年・日本製作/96分/日本公開:1975年12月
◆監督
鈴木則文
◆キャスト
菅原文太、愛川欽也、あべ静江、加茂さくら、田中邦衛、春川ますみ

寅次郎が、飲み屋からヘンな老人を“とらや”に連れてきた。ところがこの老人、日本画の大先生だった。2人は兵庫へ旅に出るが、地元の美人芸者・ぼたんに寅次郎は一目惚れ。だが彼女はレストランの社長にだまされて、200万円を巻き上げられて。

1976年興行成績へ←01←02←03|04|05→06→07→08→09→
【広告】副業でお金儲け/ パワーストーン星のかけら