懐かしい思い出がここにあります。 RetroFun

HOME TVドラマ 音  楽 映  画 世  相
1950年代へ
1960年代へ
年代別
1970年(昭和45年)
1971年(昭和46年)
1972年(昭和47年)
1973年(昭和48年)
1974年(昭和49年)
1975年(昭和50年)
1976年(昭和51年)
1977年(昭和52年)
1978年(昭和53年)
1979年(昭和54年)
1980年代へ
1990年代へ
1977年興行成績へ|01|02→03→04→05→06→07→08→
キングコング
キングコング
1976年・アメリカ製作/134分/日本公開:1976年12月
◆監督
ジョン・ギラーミン
◆キャスト
ジェフ・ブリッジス、ジェシカ・ラング、チャールズ・グローディン、ジャック・オハローラン、ジョン・ランドルフ

怪獣映画の古典をイタリアの製作者ディノ・デ・ラウレンティスが巨費を投じてリメイク。

ペトロックス社のウィルソンは、南太平洋に新たな油田を求めて、調査船を進めていた。密航者として乗船していたプリンストン大学の動物学者プレスコットはスカル島には巨大な動物が棲息していると推測。調査船はある日、大海を漂流しているドワンという美女を救出した。彼女は香港に行く途中、嵐にあい、たった1人助かったのだった。やがて船はスカル島に着き、ウイルソン、プレスコット、ドワンたちは上陸。島民たちはドワンを差し出すように要求、いけにえとして城門の中に入れた。その時、森の奥から凄まじい地響きとともに、身長は20メートルはあるかと思われる巨大なゴリラが現われドワンを連れ去る。プレスコット率いる捜索隊は、大蛇と格闘しているコングの隙を見てドワンを救出し、2人を追いかけて来たコングを、ニトロで眠らせて生け捕りに成功した。ウイルソンはこのコングをペトロックス社の宣伝に使おうというアイデアに夢中になっていたのだ。やがてコングはニューヨークに運ばれ、大観衆の目の前に鋼鉄の鎖に縛られたコングが姿を現わした。だが、コングは、もう1人の主役であるドワンに記者たちがフラッシュを集中した時、彼女の危機と思い、彼女を救うべく自らの鎖を断ち切った。逃げまどう観客でスタジオは大混乱となる。

DVD発売中⇒キングコング
ロッキー
ロッキー
1976年・アメリカ製作/119分/日本公開:1977年4月
◆監督
ジョン・G・アヴィルドセン 
◆キャスト
シルヴェスター・スタローン、タリア・シャイア、バート・ヤング、カール・ウェザース、バージェス・メレディス

アカデミー作品、監督、編集賞を受賞しシルバスター・スタローンを一躍トップ・スターに押し上げた感動のスポーツ・ドラマ。トレーナー役のB・メレディスも味のある演技を見せる。売れない役者だったスタローンがムハメッド・アリと無名ボクサーの対戦に感動して、三日で脚本を書き上げ、本作で正にロッキーの如くアメリカン・ドリームを体現した話は有名で、シンプルなストーリーだからこそ得られる素直な感動があり、何度も立ち上がるロッキーの姿は、いつ観ても力がこもるパワーに溢れている。ビル・コンティのテーマ曲だけでも、泣ける。

無敵の黒人ボクサー、アポロが人気取りのため、格下の相手と闘うことを宣言した。チャンピオンに挑戦するチャンスを与えることで、アメリカン・ドリームを体現しようというのだ。アポロのマネージャーたちは、選ばれたロッキーがサウスポーなのを気にかけ相手を変えるように忠告するがアポロは無視。かくして薄汚れた下町の中、ロッキーのトレーニングが始まる。

遠すぎた橋
遠すぎた橋
1977年・イギリス・フランス製作/175分/日本公開:1977年7月
◆監督
リチャード・アッテンボロー
◆キャスト
ショーン・コネリー、マイケル・ケイン、ジーン・ハックマン、エリオット・グールド、アンソニー・ホプキンス、ジェームズ・カーン、ライアン・オニール、ロバート・レッドフォード、ニコラス・キャンベル、ベン・クロス、エドワード・フォックス、アーサー・ヒル、ダーク・ボガード、マクシミリアン・シェル、ハーディ・クリューガー、リヴ・ウルマン、ローレンス・オリヴィエ、ジェレミー・ケンプ

オールスター・キャストで描いた大作で、巨費を投じた戦闘シーンや空挺部隊の降下シーンなどは迫力充分。

1944年6月にノルマンディーに上陸した連合軍は同年9月、オランダからドイツにかけての5つの橋を占拠すべく連合軍のマーケット・ガーデン作戦を展開する。

八甲田山
八甲田山
1977年・日本製作/169分/日本公開:1977年6月
◆監督
森谷司郎
◆キャスト
高倉健、北大路欣也、丹波哲郎、加山雄三、藤岡琢也、三國連太郎、大滝秀治、森田健作、緒形拳

「小説吉田学校」「日本沈没」の森谷司郎監督が、高倉健を主演に、壮大なスケールで描いたドラマ。

明治34年末、日露戦争を目前にして陸軍は寒冷地教育の不足を痛感していた。ロシア軍と戦うためには雪中行軍をして、雪とは何か、寒さとは何かを知らねばならなかった。その行軍の目標となったのが生きては帰れぬ冬の八甲田であった。

1977年興行成績へ|01|02→03→04→05→06→07→08→
【広告】副業でお金儲け/ パワーストーン星のかけら