懐かしい思い出がここにあります。 RetroFun

HOME TVドラマ 音  楽 映  画 世  相
1950年代へ
1960年代へ
年代別
1970年(昭和45年)
1971年(昭和46年)
1972年(昭和47年)
1973年(昭和48年)
1974年(昭和49年)
1975年(昭和50年)
1976年(昭和51年)
1977年(昭和52年)
1978年(昭和53年)
1979年(昭和54年)
1980年代へ
1990年代へ
1977年興行成績へ←01←02←03←04|05|06→07→08→
河内のオッサンの唄 よう来たのワレ
1976年・日本製作/93分/日本公開:1976年12月
◆監督
斎藤武市
◆キャスト
川谷拓三、夏純子、田中邦衛、篠ヒロコ、室田日出男、岩城滉一、伊佐山ひろ子

飲んだくれでバクチ好きの河内のオッサン徳松達も、年末ともなると女房連に尻をひっぱたかれ、やむなしモチ代をかせぎに大阪へと出かせぎに行く。フトコロも少しは、あったかくなって、河内への帰り道。ついうかれて、入ったアルサロで、助平根生を出した徳松ら長屋の連中は、サイコロバクチにひっかかり、せっかくの虎の子もスッテンテン。このまま帰ったら、カアチャンたちから、ドツかれるとワラをもつかむ思いで競艇場へと行った。
サーキットの狼
1977年・日本製作/87分/日本公開:1977年8月
◆監督
山口和彦
◆キャスト
風吹真矢、池沢さとし、夏木陽介、矢吹二朗、横本メイ、

矢田部モータースで働く裕矢は、休日には、いつもレース場に出かけていた。ある日裕矢はひょんなことから、スタントレースに出場し、なんなく優勝してしまう。これが、きっかけとなり、あらゆるレースに出場するようになる。そして、着々と賞金を稼いだ。裕矢の姉ローザは、彼にレースをやめるよう説得する。が、すっかり車の魅力にとりつかれてしまった裕矢には姉の制止も耳に入らなかった。
男はつらいよ 寅次郎純情詩集
男はつらいよ 寅次郎純情詩集
1976年・日本製作/104分/日本公開:1976年12月
◆監督
山田洋次
◆キャスト
渥美清、京マチ子、檀ふみ、倍賞千恵子、前田吟、下絛正巳、三崎千恵子、

さくらの息子・満男の担任の先生にのぼせた寅次郎だったが、彼女の母親を見てそっちの方にクラクラ。この母親は寅次郎の幼なじみだったが、今では未亡人で病気がちの身。心配性の寅次郎の同情は募るばかり。

男はつらいよ 寅次郎と殿様
男はつらいよ 寅次郎と殿様
1977年・日本製作/99分/日本公開:1977年8月
◆監督
山田洋次
◆キャスト
渥美清、倍賞千恵子、真野響子、下絛正巳、三崎千恵子、前田吟、太宰久雄、佐藤蛾次郎

マドンナに真野響子、特別ゲストで大御所・嵐寛寿郎が出演。例によって“とらや”の面々とケンカをして寅次郎は愛媛へ。墓参りの美しい未亡人と出会って慕情が募る。そして大洲城18代目の城主だというヘンな老人も登場。 。

1977年興行成績へ←01←02←03←04|05|06→07→08→
【広告】副業でお金儲け/ パワーストーン星のかけら