懐かしい思い出がここにあります。 RetroFun

HOME TVドラマ 音  楽 映  画 世  相
1950年代へ
1960年代へ
年代別
1970年(昭和45年)
1971年(昭和46年)
1972年(昭和47年)
1973年(昭和48年)
1974年(昭和49年)
1975年(昭和50年)
1976年(昭和51年)
1977年(昭和52年)
1978年(昭和53年)
1979年(昭和54年)
1980年代へ
1990年代へ
1977年興行成績へ←01←02←03←04←05←06|07|08→
恋の空中ぶらんこ
1976年・日本製作/日本公開:1976年12月
◆監督
松林宗恵
◆キャスト
藤岡弘、草川祐馬、浅野ゆう子、伴淳三郎、林寛子

千草は十七歳。ひかりサーカスのマスコット的存在。しかし千草にとっては、このことが不満である。「もう大人である」という気持と、洋三を密かに恋しているからだ。洋三は、そんな千草の気持を知らずに、いつまでも千草を子供あつかい。千草は胸の傷みを空想にたくし、日記を書き、子ぞうのキャビィに聞かせるのである。「×月×日、洋三さんと京都で逢いました。許されない恋、人目をしのぶ恋だから……」。現実生活のなかでも千草は洋三の指導で空中ぶらんこの訓練をはじめた。
アニー・ホール
アニー・ホール
1977年・アメリカ製作/93分/日本公開:1978年1月
◆監督
ウディ・アレン
◆キャスト
ウディ・アレン、ダイアン・キートン、トニー・ロバーツ、ポール・サイモン

ニューヨークを舞台に、都会に生きる男女の恋と別れをペーソスと笑いで綴るアレンの傑作ラブ・ストーリー。うだつの上がらないスタンダップ・コメディアン、アルビーは、知り合った美女アニーと意気投合して同棲生活を始めるが、うまくいくのは最初だけ。次第に相手のイヤなところが気になり出した二人の間には見えない溝ができ上がっていた。そしてアニーの前に現れた人気歌手のカリフォルニアへの誘いが二人の仲にピリオドを打つ決定的なものとなった。

DVD発売中⇒アニー・ホール
グッバイガール
グッバイガール
1977年・アメリカ製作/110分/日本公開:1978年10月
◆監督
ハーバート・ロス
◆キャスト
リチャード・ドレイファス、マーシャ・メイソン、クィン・カミングス、ポール・ベネディクト

いつも男に逃げられてばかりいる子持ちの離婚女性と、手違いから同居するはめになった売れない役者が結ばれるまでを描いたニール・サイモンの軽妙な都会コメディ。ニューヨーク。元ダンサーのポーラはある日、娘のルーシーと帰宅すると、俳優である彼氏に映画出演が理由で去られてしまっていた。またしても男に逃げられ、打ちひしがれるポーラ。そんなある雨の夜、彼女のもとに、その彼氏から部屋を譲り受けたという役者のエリオットがやって来る。そして、半ば強引な彼との話し合いの末、3人で同居することに。こうしてまた俳優との暮らしが始まる母子だったが。

DVD発売中⇒グッバイガール
ジュリア
1977年・アメリカ製作/118分/日本公開:1978年6月
◆監督
フレッド・ジンネマン
◆キャスト
ジェーン・フォンダ、ヴァネッサ・レッドグレーヴ、ジェイソン・ロバーズ、マクシミリアン・シェル

アメリカ演劇界の女流劇作家として知られるリリアン・ヘルマンが74年に出した回顧録の映画化。アメリカの有名な劇作家リリアン・ヘルマンが処女作「子供たちの時間」を書いていた34年ごろ、彼女は推理小説家のダシェル・ハメットと同棲していた。仕事がはかどらずかんしゃく起こすことが多いリリアンをダシェルは絶えず励ましていた。そして、この頃リリアンは懐しい幼友だちのジュリアを思い出していた。
1977年興行成績へ←01←02←03←04←05←06|07|08→
【広告】副業でお金儲け/ パワーストーン星のかけら