懐かしい思い出がここにあります。 RetroFun

HOME TVドラマ 音  楽 映  画 世  相
1950年代へ
1960年代へ
年代別
1970年(昭和45年)
1971年(昭和46年)
1972年(昭和47年)
1973年(昭和48年)
1974年(昭和49年)
1975年(昭和50年)
1976年(昭和51年)
1977年(昭和52年)
1978年(昭和53年)
1979年(昭和54年)
1980年代へ
1990年代へ
1978年興行成績へ←01←02|03|04→05→06→07→08→09→
007/私を愛したスパイ
007/私を愛したスパイ
1977年・イギリス製作/125分/日本公開:1977年12月
◆監督
ルイス・ギルバート
◆キャスト
ロジャー・ムーア、バーバラ・バック、クルト・ユルゲンス、キャロライン・マンロー、リチャード・キール、バーナード・リー

英ソの原潜が行方不明になるという事件が発生、にわかに東西の緊張が高まる。事態を憂慮した英国情報部は、真相究明をボンドに命じた。やがて事件の背後に、世界征服をたくらむ秘密組織が介在することを突き止めたボンドは、ソ連の女スパイ、アニヤと協力して組織の海上要塞を破壊する。海も潜れる万能車ロータス・エスプリや、鋼鉄の歯を持つ敵の用心棒ジョーズなど、SF色を通り越してマンガチックな展開だが、娯楽色は断然強い。この時点でのシリーズ集大成的な意味合いも強く、とにかく派手な作品であった。

ジョーイ
1977年・アメリカ製作/98分/日本公開:1977年12月
◆監督
ルー・アントニオ
◆キャスト
ジェフリー・ライナス、マーク・シンガー、ジェラルディン・ペイジ、ジェラルド・S・オローリン

ペンシルバニア州のアパー・ダービィにあるジョン・キャパレッティ一家は、平凡な父母と4人の息子と1人の娘で平穏に暮らしていた。しかし不幸は突然訪れた。一家で11歳の末っ子ジョーイが、白血病で余命は数カ月と医者に宣告を受けたのだ。よくありがちなお涙頂戴の映画ではなく、実話に基づき、ペンシルバニア州立大学でフットボールの選手をしている兄のジョンと弟ジョーイの兄弟愛を中心に、それを見守る家族の姿を描いた感動作。
オルカ
1977年・アメリカ・イタリア製作/92分/日本公開:1977年12月
◆監督
マイケル・アンダーソン
◆キャスト
リチャード・ハリス、シャーロット・ランプリング、ウィル・サンプソン、ボー・デレク、キーナン・ウィン、ロバート・キャラダイン

漁師ハリスに妻子を殺されたオルカ(シャチの一種)の復讐という動物パニック物の変形。リチャード・ハリス対オルカの設定は「白鯨」を思わせる。
野性の証明
野性の証明
1978年・日本製作/143分/日本公開:1978年10月
◆監督
佐藤純彌
◆キャスト
高倉健、薬師丸ひろ子、中野良子、夏木勲、三國連太郎、舘ひろし、田村高廣、ハナ肇、松方弘樹、丹波哲郎、成田三樹夫

大ヒットとなった『人間の証明』に続いて森村誠一のベストセラーを映画化。東北の寒村で大量虐殺事件が発生。唯一生き残った少女・頼子はショックから記憶喪失となっていたが、当時山中でサバイバル訓練を行っていた自衛隊員・味沢に引き取られる事になる。退役した味沢と頼子は地方都市で平穏な生活を行っていたが、予知能力とも言える頼子の持つ不思議な力が二人を巨大な陰謀へと巻き込んでいく。クライマックスの軍事演習シーンはアメリカで撮影され、本物の戦車が大挙登場する迫真の画面が展開された。頼子に扮したのはデビュー間もない薬師丸ひろ子。

DVD発売中⇒野性の証明
1978年興行成績へ←01←02|03|04→05→06→07→08→09→
【広告】副業でお金儲け/ パワーストーン星のかけら