懐かしい思い出がここにあります。 RetroFun

HOME TVドラマ 音  楽 映  画 世  相
1950年代へ
1960年代へ
1970年代へ
年代別
1980年(昭和55年)
1981年(昭和56年)
1982年(昭和57年)
1983年(昭和58年)
1984年(昭和59年)
1985年(昭和60年)
1986年(昭和61年)
1987年(昭和62年)
1988年(昭和63年)
1989年(昭和64年
平成元年)
1990年代へ
1982年興行成績へ←01←02←03|04|05→06→07→08→
宇宙戦士 バルディオス
宇宙戦士 バルディオス
1981年・日本製作/118分/日本公開:1981年12月
◆監督
鳥海永行
◆キャスト
塩沢兼人、戸田恵子、堀勝之祐、此島愛子、玄田哲章、田中秀幸

愛し合いながらも敵対する男女の悲劇を描いたロボットアニメの異色作。1980年から放映された同名のTV作品の劇場版。放射能に汚染されたS1星では、惑星から脱出しようとする軍部と、惑星を浄化しようとする科学者グループの対立が激しくなっていた。そんな中、科学者を父に持つマリンは、女性親衛隊長アフロディアと出会う。数日後、マリンの父を軍部が送りこんできた兵が暗殺。憎しみに燃えたマリンは敵兵を殺してしまう。だが、その兵はアフロディアの弟だった!

ハイティーン・ブギ
1982年・日本製作/109分/日本公開:1982年8月
◆監督
舛田利雄
◆キャスト
近藤真彦、野村義男、田原俊彦、武田久美子、三原順子、小林桂樹、

たのきんトリオ主演シリーズ第4作目。暴走族から足を洗い、少女との愛に目覚めた主人公と、仲間達の青春群像を描く。藤丸翔は、父や再婚した家族と離れて暮し、その孤独を、ハマの暴走族スケルトンズのリーダーとしてスピードでまぎらわしていた。ある日、八木の率いる敵対する暴走族ブラックウルフに喧嘩を売られ翔は大ケガを負う。血を流す翔は通りかかった桃子に助けられ、一目惚れしてしまう。翔につきまとわれ迷惑する桃子は、リーゼントを切って暴走族を辞めたらつきあってやると言うと、彼女に夢中な翔は言う通りにしてしまう。親友の重やサミーのショックは大きかった
テクノポリス21C
1982年・日本製作/79分/日本公開:1982年8月
◆監督
松本正志
◆キャスト
安原義人、池田勝、滝沢久美子、内海賢二、幸田直子

21世紀、全世界の知恵と技術が結集して造り上げた人工未来都市「センチネルシティ」。それは人類の未来を象徴する理想郷であるかにみえた。しかし、そこでは悪の病根もまた科学的かつ集団による大掛りなものと変ってきていた。犯罪は日毎に組織化、凶悪化し、従来の警察機構や捜査方法では立ちうち出来ない状態となった。そうした時代の要請に応えて新しい刑事警察機構テクノポリスが作られた。別名特捜マシーン隊と呼ばれ、テクノロイドと呼ばれるロボットが製作された。全国から選び抜かれた優秀な人材を集め、事件発生、緊急出動にそなえていた。
大日本帝国
大日本帝国
1982年・日本製作/180分/日本公開:1982年8月
◆監督
舛田利雄
◆キャスト
三浦友和、あおい輝彦、関根恵子、篠田三郎、夏目雅子、佳那晃子、丹波哲郎、若山富三郎、西郷輝彦

日本が“大日本帝国”と呼ばれた頃に勃発した太平洋戦争を通して、その激動の波にのみこまれていく人々の姿を描いた戦争映画超大作。そのタイトルと戦犯・東条英機首相を主人公に据えているという点から、映画完成前より激しい上映反対運動が展開されたが、実質東条は国民のことなどニの次といった天皇主義者としてのみ描かれ、やがてドラマの焦点は戦場に赴いた男たちの苛酷な運命に絞られていく。中でも秀逸なのは、あおい輝彦と関根恵子の床屋夫妻が紡ぐエピソードで、いつしか戦争の虜と化していく夫を、妻は自分の肉体をもって救い出す。その一方で、戦争に懐疑的だったキリスト教徒は心ならずも民間人を虐殺し、まったく弁解することなく「天皇陛下万歳」と叫んで処刑されていく。

DVD発売中⇒大日本帝国
1982年興行成績へ←01←02←03|04|05→06→07→08→
【広告】副業でお金儲け/ パワーストーン星のかけら