懐かしい思い出がここにあります。 RetroFun

HOME TVドラマ 音  楽 映  画 世  相
1950年代へ
1960年代へ
1970年代へ
年代別
1980年(昭和55年)
1981年(昭和56年)
1982年(昭和57年)
1983年(昭和58年)
1984年(昭和59年)
1985年(昭和60年)
1986年(昭和61年)
1987年(昭和62年)
1988年(昭和63年)
1989年(昭和64年
平成元年)
1990年代へ
1984年興行成績へ←01|02|03→04→05→06→07→08→09→10→
アドベンチャーズ・オブ・インディ・ジョーンズ コンプリートDVD
インディ・ジョーンズ 魔宮の伝説
1984年・香港製作/118分/日本公開:1984年7月
◆監督
スティーヴン・スピルバーグ
◆キャスト
ハリソン・フォード、ケイト・キャプショー、キー・ホイ・クァン、ロイ・チャオ、アムリッシュ・プリ

 「レイダース/失われたアーク」に続くシリーズ第2弾。舞台設定は前作の1年前、1935年の上海。暗黒街の組織の策略にはめられたインディは飛行機から脱出、インドの山奥に降り立つ。そこで、伝説の秘宝<サンカラ・ストーン>を探し求める邪教集団の陰謀を知ったインディは、相棒のショート・ラウンドとナイトクラブで知り合った歌手のウィリーと共に敵の城へ向かう。坑道のトロッコ・チェイスを筆頭に、アクション・シーンのテンポと巧妙さは前作を凌ぐスリリングなものになっている。

キャノンボール2
キャノンボール2
1983年・アメリカ製作/98分/日本公開:1983年12月
◆監督
ハル・ニーダム
◆キャスト
バート・レイノルズ、ドム・デルイーズ、ジャッキー・チェン、シャーリー・マクレーン、ディーン・マーティン、サミー・デイヴィス・Jr

「ルールがないのが唯一のルール」という掟破りのアメリカ大陸横断レース“キャノンボール”に参加する者たちの騒動を描いた、香港資本の米アクション・コメディー映画の第2弾。前作で優勝を逃したアラブの王子は父王の厳命で汚名挽回のために100万ドルの賞金つきでキャノンボール開催を宣言。かくしてマクレアと相棒ヴィクターなど前回出場組や尼僧コンビなど新参組などがしのぎを削りあう。

DVD発売中⇒キャノンボール2
ステイン・アライブ
ステイン・アライブ
1983年・アメリカ製作/96分/日本公開:1983年12月
◆監督
シルヴェスター・スタローン
◆キャスト
ジョン・トラヴォルタ、シンシア・ローズ、フィノラ・ヒューズ、フランク・スタローン、ジュリー・ボヴァッソ

大ヒット作「サタデー・ナイト・フィーバー」の続編で、スタローンが脚本・監督を兼任。前作から5年後、トニー・マネロはかつてのディスコ・キングだった事に虚しさを感じ、現在はブロードウェイを目指していた。しかしその一匹狼的性分、持ち前の自由奔放なスピリットではどうしても集団の中で浮いてしまい、オーディションにはことごとく失敗してしまう。そんな時、彼の前に美しいリード・ダンサーのローラが現れる。彼女との中に一つの可能性を見い出したトニーは一緒に組もうと彼女に持ちかける。

ネバーセイ・ネバーアゲイン
ネバーセイ・ネバーアゲイン
1983年・アメリカ製作/133分/日本公開:1983年12月
◆監督
アーヴィン・カーシュナー
◆キャスト
ショーン・コネリー、キム・ベイシンガー、クラウス・マリア・ブランダウアー、バーバラ・カレラ、マックス・フォン・シドー

犯罪組織スペクターによるNATOの核ミサイル強奪事件が発生。特命を受けたジェームズ・ボンドはバハマに急行し、スペクター幹部・ラルゴの愛人との接触を図るが、そこにはスペクターの罠が待ちかまえていた。「サンダーボール作戦」をアメリカ映画界がリメイク。本家のシリーズが元気のなくなっていた頃だけに、「007/ダイヤモンドは永遠に」以来12年ぶりにジェームズ・ボンドを演じるショーン・コネリーが見もの。

1984年興行成績へ←01|02|03→04→05→06→07→08→09→10→
【広告】副業でお金儲け/ パワーストーン星のかけら