懐かしい思い出がここにあります。 RetroFun

HOME TVドラマ 音  楽 映  画 世  相
1950年代へ
1960年代へ
1970年代へ
年代別
1980年(昭和55年)
1981年(昭和56年)
1982年(昭和57年)
1983年(昭和58年)
1984年(昭和59年)
1985年(昭和60年)
1986年(昭和61年)
1987年(昭和62年)
1988年(昭和63年)
1989年(昭和64年
平成元年)
1990年代へ
1986年興行成績へ←01←02←03|04|05→06→07→08→09→
ビー・バップ・ハイスクール
ビー・バップ・ハイスクール
1985年・日本製作/90分/日本公開:1985年12月
◆監督
那須博之
◆キャスト
清水宏次朗、仲村トオル、中山美穂、宮崎ますみ、一色彩子
 
かつて進学校だった私立愛徳高校。すっかりその面影をなくした学園で一番のツッパリ問題児2人組・ヒロシとトオルは、この春留年が決定した。2年生を繰り返すことになった2人は、以前から恋焦がれていた1年下の泉今日子と同じクラスになる。校内でも次々に舎弟をおいて順風満帆な学園生活を送っていたが、ある日、戸塚水産高校の連中とのケンカがもとで、今日子が事件に巻き込まれてしまう。

植村直己物語
植村直己物語
1986年・アメリカ製作/140分/日本公開:1986年6月
◆監督
佐藤純弥
◆キャスト
西田敏行、倍賞千恵子、古尾谷雅人、若林豪、山本圭

世界的冒険家、植村直己の生涯を描く。グリーンランドのシオラパルクに滞在し、3000キロの犬橇単独行を成し得た植村直己は、久しぶりに東京に戻って来た。彼は駅の階段で偶然出逢った女性と馴染みの店で再会した。そして数日後、その女性野崎公子に自分の著書をプレゼントする。それを読みながら、これまでの植村の人生を知る公子。明治大学山岳部で落ちこぼれだった植村は、卒業後4万円だけ持って、横浜より移民船で渡米した。

DVD発売中⇒植村直己物語
ドラえもん のび太と鉄人兵団
ドラえもん のび太と鉄人兵団
1986年・日本製作/100分/日本公開:1986年3月
◆監督
芝山努
◆キャスト
声:大山のぶ代、小原乃梨子、野村道子、肝付兼太、たてかべ和也

ある日偶然、ロボットの部品を見つけたのび太たち。あまりにも大きい部品だったため、ひみつ道具“入りこみミラー”を使って鏡の中の世界に入り、そこで組み立てることに。鏡の世界は現実世界とそっくりだけれど左右が逆で、人間もまったく存在しない世界。のび太たちは完成させたロボットをサンダクロスと名付け、鏡の世界で遊んでいたが、ロボットの持ち主だという少女リルルと出会い、彼女にサンダクロスを返すことにする。だが彼女は、地球制服を企むロボットの国“メカトピア”から送り込まれたロボットだった! 鏡の世界の中で地球攻撃のための基地を作り始めたリルル。と、そのとき、鏡の世界に異変が起こり、リルルも怪我を負ってしまう。果たしてのび太たちはリルルと戦うことになってしまうのか?

オバケのQ太郎 とびだせ!バケバケ大作戦
1986年・日本製作/14分/日本公開:1986年3月
◆監督
原田益次
◆キャスト
天地総子、三輪勝恵、横沢啓子

オバケのQ太郎がまきおこす騒動を描いた立体アニメ。ある夜、天体望遠鏡をのぞいていたQ太郎は、不思議な光を発見した。ハレー彗星かと思ったら、その光は次第に形をかえてオバケの姿になった。翌日から、Q太郎の身辺で不思議なことばかり起きる。
1986年興行成績へ←01←02←03|04|05→06→07→08→09→
【広告】副業でお金儲け/ パワーストーン星のかけら