懐かしい思い出がここにあります。 RetroFun

HOME TVドラマ 音  楽 映  画 世  相
1950年代へ
1960年代へ
1970年代へ
1980年代へ
年代別
1990年(平成 2年)
1991年(平成 3年)
1992年(平成 4年)
1993年(平成 5年)
1994年(平成 6年)
1995年(平成 7年)
1996年(平成 8年)
1997年(平成 9年)
1998年(平成10年)
1999年(平成11年)
1994年興行成績へ|01|02→03→04→05→06→07→08→09→
クリフハンガー
クリフハンガー
1993年・アメリカ製作/113分/日本公開:1993年12月
◆監督
レニー・ハーリン
◆キャスト
シルヴェスター・スタローン、ジョン・リスゴー、マイケル・ルーカー

雪のロッキー山中を舞台に、紛失した1億ドルの現金を手中にせんとする武装強盗団と山岳救助隊員の戦いを描いたアクション大作。舞台設定をフルに活かしきった垂直状況のアクション・シーン、それを見事に捉えた画面(実際に4000メートルの標高イタリア・ドロミテ山脈で撮影)が呼び起こす映画的興奮は近年希なもの。100パーセントとは言えないまでも本物の持つ迫力をまざまざと見せつけてくれる。元々は“ランボー・シリーズとして企画されたという噂あり。

DVD発売中⇒クリフハンガー
トゥルーライズ<DTS EDITION>
トゥルーライズ
1994年・アメリカ製作/135分/日本公開:1994年9月
◆監督
ジェームズ・キャメロン
◆キャスト
アーノルド・シュワルツェネッガー、ジェイミー・リー・カーティス、トム・アーノルド、ビル・パクストン

秘密機関オメガ・セクターの凄腕諜報員ハリー・タスカーの悩みは、妻ヘレンが浮気しているかもしれないという事。職権乱用で妻の調査を行うハリーだが、ヘレンと共に、核武装したテロリストに捕らえられてしまう。メガ・ヒットとなった「ターミネーター2」に続いて、キャメロン+シュワルツェネッガーで送るスーパー・エンタテインメントだが、疲れるだけのノンストップ・アクションではなく、夫婦愛を軸にコメディ・タッチで仕上げているところがいい。ヘレンに扮するジャミー・L・カーティスのコメディエンヌぶりも最高。

DVD発売中⇒トゥルーライズ
シンドラーのリスト スペシャル・エディション
シンドラーのリスト
1993年・アメリカ製作/195分/日本公開:1994年2月
◆監督
スティーヴン・スピルバーグ
◆キャスト
リーアム・ニーソン、ベン・キングズレー、レイフ・ファインズ、キャロライン・グッドオール

ナチによるユダヤ虐殺をまのあたりにしたドイツ人実業家オスカー・シンドラーは、秘かにユダヤ人の救済を決心する。彼は労働力の確保という名目で、多くのユダヤ人を安全な収容所に移動させていくのだが。スピルバーグが長年あたためていたキニーリーの原作を遂に映画化。念願のアカデミー賞(作品・監督・脚色・撮影・編集・美術・作曲)に輝いた作品で、その圧倒的なドラマには胸震わさずにはいられまい。ただ、これが実話である事、人間の尊厳に関わるものである事を考えた時、有無を言わせぬ強制力が働いているのも事実。だがそれよりも、3時間を超す長尺をまったく飽きさせないスピルバーグの構成力・演出力は認めてやまないところだ。

ライオン・キング スペシャル・エディション
ライオン・キング
1994年・アメリカ製作/87分/日本公開:1994年7月
◆監督
ロジャー・アラーズ、ロブ・ミンコフ
◆キャスト
(声) ジェームズ・アール・ジョーンズ、マシュー・ブロデリック、ジョナサン・テイラー・トーマス、ジェレミー・アイアンズ

ここ数年の作品のいかにもブロードウェイ風の大仰なメロディにサヨナラして、アフリカン・フォークをうまく消化したエルトン・ジョンのポップなナンバーに映像がノリに乗って、ミュージカルとしても楽しめる。邪悪な叔父スカーに父王を謀殺されたシンバは国を追われ、ハイエナ等サヴァンナのはぐれ者たちと暢気なその日暮らしを送る。が、恋心を抱く幼なじみのナラに、故国の窮状を訴えられ、皆を引き連れ帰郷、スカーと一対一の決闘に臨む。

1994年興行成績へ|01|02→03→04→05→06→07→08→09→
【広告】副業でお金儲け/ パワーストーン星のかけら