懐かしい思い出がここにあります。 RetroFun

HOME TVドラマ 音  楽 映  画 世  相
1950年代へ
1960年代へ
1970年代へ
1980年代へ
年代別
1990年(平成 2年)
1991年(平成 3年)
1992年(平成 4年)
1993年(平成 5年)
1994年(平成 6年)
1995年(平成 7年)
1996年(平成 8年)
1997年(平成 9年)
1998年(平成10年)
1999年(平成11年)
1998年興行成績へ←01←02←03←04|05|06→07→08→
金田一少年の事件簿 上海魚人伝説
1997年・日本製作/116分/日本公開:1997年12月
◆監督
堤幸彦
◆キャスト
堂本剛、ともさかりえ、古尾谷雅人、水川あさみ

同名人気コミックをもとにした大ヒットテレビ・シリーズの完結編として作られた作品で大々的な香港ロケを敢行。上海に住む少女から手紙を受け取ったはじめと美雪が、中国のサーカスで起こる連続殺人事件に挑む。みゆきの文通相手・レイリーからの依頼により上海へと向かった一とみゆき。依頼は雑技団の団長であるレイリーの父の殺人事件の容疑者となっている兄の容疑を晴らすことだった。一方、雑技団には悲劇のスターが残した呪いが伝えられていた。
不夜城
不夜城
1998年・日本製作/122分/日本公開:1998年6月
◆監督
李志毅
◆キャスト
金城武、山本未來、椎名桔平

馳星周のベストセラー小説を、新宿歌舞伎町を舞台に描いたアジアン・テイストなノワール・ムービー。台湾人と日本人のハーフである劉健一は歌舞伎町で故買屋をしている。ある日、かつての相棒、呉富春が歌舞伎町に舞い戻ってくる。上海マフィアの幹部を殺して逃亡していたのだ。噂を聞きつけた上海マフィアのボスは健一に富春を探し出すように命じる。そんな健一の前に“富春を売りたい”という謎の美女が現れる。

DVD発売中⇒不夜城
プライド 運命の瞬間
1998年・日本製作/161分/日本公開:1998年5月
◆監督
伊藤俊也
◆キャスト
津川雅彦、スッコット・ウィルソン、ロニー・コックス、大鶴義丹、戸田菜穂

1948年12月23日、東絛英機らA級戦犯7名の絞死刑が執行された。あれから50年を経て、再び“東京裁判”を再検証する大作ドラマ。戦勝国が一方的に裁く法廷のあり方に疑問を呈するインド代表パール判事の苦悩と、その法廷にたったひとりで立ち向かった“人間”東絛英機の真の姿を浮き彫りにしていく。
名探偵コナン 14番目の標的
名探偵コナン 14番目の標的
1998年・日本製作/99分/日本公開:1998年4月
◆監督
こだま兼嗣
◆キャスト
高山みなみ、山崎和佳奈、山口勝平、神谷明

小学生の体となったコナンが次々と起こる難事件に立ち向かっていく。探偵、毛利小五郎の周りで殺人未遂事件が連続発生。いずれの現場にもトランプに関連のあるものが残されていた。犯人が狙う人物は小五郎に関係があり、しかも名前に数字が入っている。その数字をトランプに当てつけ、順番に殺していこうとしているようだ。そして最後のスペードのエース、すなわち1を意味する人物は工藤新一だった。

1998年興行成績へ←01←02←03←04|05|06→07→08→
【広告】副業でお金儲け/ パワーストーン星のかけら